makirakira

リービング・ラスベガスのmakirakiraのレビュー・感想・評価

リービング・ラスベガス(1995年製作の映画)
3.8
アル中と娼婦。

なんだろ、この映画。
好きか嫌いかで言ったら嫌いかもしれない。
そもそもニコラスおじさん好みではない上にアル中の役が上手すぎてキモチワルイ。さらにラブストーリーなのに全くもって胸キュン場面がなく、私にとってはマイナス要素しかない。

それなのになんかガツンときました。
やられました。

背徳感が漂うラスベガスとムーディーな音楽がものすごくマッチしていて、雰囲気に酔いました。
古いフィルムの粗い感じもよかった。

どうしようもなく不幸で、孤独で、まっ暗闇の中で見つけた光。
それがベンであり、サラだった。

行く末にあるものがハッピーエンドとは限らないけれど、赤い糸で結ばれている人はいるのかも、なんて思ってみたりみなかったり。

あるがままを許容する、受け入れる事の難しさ、辛さを感じました。
刹那的ムービーです。

ん~サントラ欲しい!