リービング・ラスベガスの作品情報・感想・評価

リービング・ラスベガス1995年製作の映画)

LEAVING LAS VEGAS

製作国:

上映時間:112分

ジャンル:

3.5

「リービング・ラスベガス」に投稿された感想・評価

えりみ

えりみの感想・評価

5.0
これでニコラス・ケイジのファンになったというのに今となっては・・・
最首

最首の感想・評価

2.2
音楽はめちゃくちゃ良い。舞台のラスベガスにマッチしている。
異色?の2人の不思議な愛を描いていて?も多め。
ニコラスケイジの演技は確かに上手いけれど、そもそも役柄的にあまりプラスイメージが湧かない。
ヒロインがバックトゥザ・フューチャーのヒロインだったとは…作品通じてわからなかった。だいぶ大人な雰囲気出るようになってます。
96さん

96さんの感想・評価

3.5
自殺願望を持つ男と

娼婦の関係を描く

ラブロマンス


3rd

全体を覆うような

退廃的な

主人公の

オーラ☆


極限の「孤独」

広めのカットから

アップに迫ると

目の中には

「虚無」


刹那的な

「ラスベガス」

「出会い」

「関係性」

バックに流れる

バラードとジャズは

グラスに注ぐ

ウイスキーのような

大人の香り


そこにあるのは

魂の渇望☆

それは

本質的な

人間の欲求なのかもしれません


主役ニコラスは

「絶品」☆

演技どうこうじゃなく、

「ハマリ役」すぎる


「ニコラスは完全NGだ!」

「アル中を観るのは絶対嫌だ!」

それ以外の

「大人」は

ぜひ観て欲しい


「私って不幸せだな。。。」

「何の気力もわかないよ。。。」


という時にオススメです


心に残った台詞は

『あんたが俺ならやめろというよ』
ちー

ちーの感想・評価

3.6
アル中の目にも涙。マンディを観れなかった穴埋めに観ました。映画の中でも外でも糞野郎なニコラスケイジが大好き。言わないこと、が絆な2人はペキンパーのゲッタウェイを思い出す。音楽だけが出しゃばりすぎで最低。反吐が出ます。
🔶

記録

ニコラス・ケイジ♠ベン・サンダーソン
エリザベス・シュー🔴シーラ
ジュリアン・サンズ♠ユーリ

リチャード・ルイス♠ピーター
スティーヴン・ウェバー♠マーク・ネスバウム
ヴァレリア・ゴリーノ🔴テリー
エミリー・プロクター🔴デビー
____________________

📍アカデミー賞1部門
▫主演男優賞(ニコラス・ケイジ)

1回目
水弥呼

水弥呼の感想・評価

2.6
優しい人がいない悲しい世界
素晴らしく素敵な映画。

"痛み"を抱えた2人の愛の物語。

音楽もキャスティングも最高。

ニコラス・ケイジ史上最高の演技。
>|