ヘヴンの作品情報・感想・評価

「ヘヴン」に投稿された感想・評価

Shelby

Shelbyの感想・評価

3.6
美しい…。
セリフ少なめだし、そこまで感情的じゃないんだけど、それが逆に印象に残ってる気がする。
撮り方が最高に好み。
ケイト・ブランシェットの美貌が今と差がなさすぎて驚愕。本当にエルフなのかも…。
あと、変態でも変人でもクソ野郎でもないジョヴァンニ・リビシは貴重。
pika

pikaの感想・評価

4.0
ケイト・ブランシェットとジョバンニ・リビシの名優コンビの才気と存在感が大爆発してて、ドラマや演出的にもこの二人の動向や表情に集中してるので、展開はポコポコ穴が空きまくってるのに何故か鮮やかなほど無駄なくブレない。作家性なのかなんなのか煙に巻かれたような味わいがとても良い。笑

展開にツッコミ入れたら負けな雰囲気で押しまくる演出が面白くて、車に隠れていたら運転手が逢い引きしだす下りとか、後半の変装めいた描写は画的にも状況的にもシュール過ぎて逆に目立つだろとか、ラストの締め方とか、美しく美麗なロマンスで叙情的にしたいんだろうなと、伝えたいことはわかるんだけどなんでそんな方向なんだよ!っつー明後日具合がさすがトム・ティクヴァ!な感じでたまらなかった。笑

他の方のレビュー見るとキエシロフスキーの遺稿を、キエシロフスキーに影響を受けたトム・ティクヴァが監督して、というところに着目してる方がいて、そこらへんに今作の個性云々の謎が隠れているのかもしれないとは思いつつキエシロフスキーはまだ1作も見たことがないのでわからないが、個人的にツボったトム・ティクヴァ節が実はキエシロフスキーからきてるものなのであればかなり気になるなと見てみたくなった。
filmoGAKU

filmoGAKUの感想・評価

5.0
【記録】
うさぎ

うさぎの感想・評価

4.2
脚本、監督陣も気になるところだし
主演はケイトブランシェットだったので
期待して鑑賞

名演技

浄化される系映画
静かな作品。
吐息が聴こえてきそう。

ある意味淡々と映し出していく。

ブランシェットとリビシが凄く透明感があって、天国へ本当に行ってしまった、と思わせる。

なんとも言えない余韻を残す。
天国

絶望的な気分で学校のライブラリをうろついてたらいい感じに絶望的なジャケットの映画があったので借りた

セリフがとにかく少なく、ケイト・ブランシェットの演技に見惚れた。天国って何だろう
罪とか償いとかってどこか美しい響がある気がして、なんかそういう人間の全くもって理屈の通らない気高さみたいなものが凝縮された感じだった
emedia

emediaの感想・評価

3.9
尋問室で殺人犯に恋した憲兵の計画とは・・
爆破テロのターゲットは生きている
自らの企てが失敗したばかりか
誤って爆弾を回収した掃除婦と
EVに乗り合わせた親子が巻き添えに

伊語での供述を拒み英語で話すパカード
通訳を勝って出た憲兵(フィリッポ)の言葉に
尋問中のパカードは動揺し失神する

罪を償うための逃亡だというパカード

フィリッポは何故に全てを犠牲に?

静寂なのに激しい
二人の恋はヘヴンへと向かう
究極の逃亡ラブストーリー

青い瞳が何とも言えない・・
坊主頭も美しすぎるのです
最も美しいケイト・ブランシェットではないだろうか?
2040003

2040003の感想・評価

-
好きだった。
ケイト・ブランシェット×ジョバンニ・リビシの組み合わせが好き。

そのきっかけはまさしくこの作品。

逃避行っていつか終わりがくるよなって分かってるんだけど、この二人に関してはどこまでも逃げ続けて欲しいと思ってしまう。

フェードアウトするようなエンディングが観てる側に余韻を残す。

ケイトとジョバンニの組み合わせでもうひとつ、ギフトもあるけど…ヘブンの方が好みかも。清い。。。
>|