スターダスト・メモリーの作品情報・感想・評価

「スターダスト・メモリー」に投稿された感想・評価

え

えの感想・評価

3.9
「全てが完璧に触れ合う」瞬間の美しさ、、シャーロットランプリング、、


ウディアレンは言葉にしがたい様々な感情や事物を見事にことばにしていてどんどん彼の世界にのめり込んでいってしまう
ひ

ひの感想・評価

3.5
アイロニー
大人の関係には妥協が必要
ウディアレンの図太さ好きだな!
「キスの名人ね」「大学で専攻したんだ」
イシ

イシの感想・評価

-
『81/2』みたいに美しい映画である必要は別にないけど、
軽妙に撮るんでも「映画監督の苦悩」みたいなものは見えたほうが面白いと思う。
けど、ウディ・アレンを通して、映画監督の苦悩や、一人の人の苦悩やらが透けて見えるわけでもなく、単にウディ・アレンしか見えへんっていう感じやった。
mifuraha

mifurahaの感想・評価

4.0
ウディアレンによる『8 1/2』
KanKawai

KanKawaiの感想・評価

3.0
1980年 ウディ・アレン監督作品。現実と幻想、3人のヒロインと3つの時間軸。構造の妙。
osa

osaの感想・評価

-
きっと自身の苦悩がほぼそのまま投影されているのだろうけど、やっぱりこういう人たちは生きるために作ることをやめられないんだろうな。毎回恒例のウディおじいちゃんの分身は今作ではよりパーソナルな質感。時間は白黒で進む。女性陣はみな美しいけれど、シャーロットランプリングの眼差しは観客を永遠にその瞬間に閉じ込めてしまうような魔力よね
当時、映画雑誌でべた褒めしてたので、のこのこ観に行ったけど、やっぱり苦手は克服できずやった。
絵的な印象はよかってんけど…。
ウディアレンが主演、監督両方やってる作品って今までそんなに好きじゃなかったけどこれはすごい好き。
ラストが最高。
>|