スモーキン・エース/暗殺者がいっぱいの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい2007年製作の映画)

SMOKIN' ACES

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.3

「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」に投稿された感想・評価

Katongyou

Katongyouの感想・評価

3.3
中盤からのアクションが凄まじくて楽しかった。終盤でシリアスなトーンになるんだけど、ご機嫌な音楽と現実離れした暗殺者がいっぱい出てきて無茶苦茶するもんだから、急にそんなテンションになられてもねぇ。。やりっぱなし感あるし凸凹し過ぎだよってのが正直な感想といったところ。で、アリシアキーズがむっちゃ可愛い。相棒がちょっと気の毒。(死んだの??てか、コモンセンスにだっこされてそのまま帰んのかよ?薄情な人だ) あと、太陽がいっぱいみたいな邦題はなんとかならんかったんか。
SUI

SUIの感想・評価

3.0
序盤のコミカルともシリアスとも取れる展開はちょっと中途半端だったけど、それぞれの殺し屋達が個性的なのが良かった。

ラストで明かされる真実がそれまでのミスリードの解明にもなっている。
ストーリーやアクション、演出は悪くない。
ベンアフレックがあっさりと死んじゃうのは肩透かしだけど、その無慈悲な感じは好きだ。
でもいかんせんテンポが悪い。

個人的には、本来ならもっと高評価をつけらる作品なだけに、随所で見られるこの妙な間延びがすごく残念。
KID

KIDの感想・評価

3.0
ただただドンパチしてるだけ。
キャストは豪華なのに勿体ない。
NANOHA

NANOHAの感想・評価

3.8
豪華キャストによる大体みんな狂ってるアクション映画。ライアン・レイノルズはまともかと思ったらそうでもなかった。
単なるおバカアクションコメディかと思いきやトリックもあり結構楽しめた。
Koheii

Koheiiの感想・評価

4.0
結構コメディのりです。かと思ったら暗めで あぁそうですかぁ ってなりました。ライアンレイノルズが出ていると基本見やすくて良いです。
コウ

コウの感想・評価

3.6
クリス・パインがイカれた暗殺者役で出てるっていう理由で見た映画だけど、彼以外にもベンアフやらレイリオッタやらアンディガルシアやらレイノルズやらキャストがやたら豪華だった。

一人の男をめぐって沢山の暗殺者(とFBI)が鉢合わせで銃撃戦、かなり血みどろ。ところどころに笑えるところもあるけど意外とシリアスに纏めてた印象。ライアン、今回は軽口とかあまりなくてまじめにカッコ良かった。

登場人物多いのでちょっと混乱するかも。
クリス・パインのイカれた暗殺者はけっこういい味出してました。きたないカッコも好き。相変わらず瞳の色がめっちゃきれいだったなー。
じゅん

じゅんの感想・評価

3.8
メンバー豪華すぎ!
ベンアフレックとかクリスパインも出てるしまさかのアリシアキーズまで!

設定は面白くて良いんだけど結末がちょっと微妙かな。。
長谷川

長谷川の感想・評価

4.0
個性的なキャラが魅力的な、殺し屋アベンジャーズ映画。
まず特筆すべきはキャストが豪華。誰がとかではなく、主要キャラは全員と言っていいほど主役級の役者が使われています。

個々のキャラ立ちがハッキリしていて、一人一人の説明は少ないながら印象深いものになっています。
個人的にはジェレミーピヴェンとレイリオッタ、クリスパインが見れただけで満足。特にパインちゃんの真っ青な瞳を堪能するには良い映画です。
ストーリーもこの手のキャラ映画にありがちな軽薄なものではなく、重厚感には欠けるものの、映画として楽しめる作りにはなっていると思います。隠れた名作なのでは
やの

やのの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

クリパの存在感が凄すぎる。
空をバックにこちらをのぞき込むようにしてるシーンの空とダーウィンの瞳が嘘みたいに青くてシーンに美しい。
mayuchi

mayuchiの感想・評価

3.8
【2018年17作目】

ラスベガスのマフィアが殺し屋に、100万ドルで暗殺を依頼したという情報を入手したFBI。
そのターゲットは人気マジシャン。
100万ドルを目当てに、様々な暗殺者がホテルに集結する。
FBIは暗殺を阻止できるのか・・・。

豪華キャストのオンパレード!
ライアン・レイノルズ、アンディ・ガルシア、ベン・アフレック、レイ・リオッタ、ピーター・バーグ、クリス・パイン、ジョエル・エドガートン、アリシア・キーズ等々。

本作は、他の作品なら有名俳優でなくてもOKな役も、本作は惜しみなく有名俳優を起用してます。
それでなくとも登場人物が多いのに、有名俳優が演じているので変に誰もがキーパーソンに見えてしまい、軽く混乱させられます。

「あの人が演じているから、きっと何かある」と思ってしまうのは、映画ファンあるあるのような(笑)
全く映画ファンでない人が観たら、そう難解ではない作品でも、映画ファンは変にキャストを知っているので逆に引っ掛かるんでしょうね(^▽^;)
ニュートラルな視点で観るのも大切かもしれませんね!

この様に本作はキャストにある意味「騙され」穿った見方をしてしまったので、イマイチよく分からなかった所もあるのですが、なかなか面白かったです。

個性的な登場人物が多く、クライマックスのホテルでの銃撃戦は見応え抜群!
別のホテルからのスナイパー目線が加わる事で引きの映像もあり、別フロアそれぞれの銃撃戦もあり、なかなか凝った見せ方をしています。
個人的にかなり好みの銃撃戦でした( •̀ᴗ•́ )b

最初はコメディタッチな感じも見られ、このテイストで行くのかと思っていたが、ラストにかけどんどんシリアスになっていく。
エンディングも凄く私好みでしたね。

で・・・ここまで初見の様な口ぶりでしたが、本作は前に観ていました(^▽^;)
観ていないと思ったのに、観ていた。
これも映画あるあるですよね〜(笑)
たぶん私、最低2回は観ているはず(><)
ガンアクションが大好きなので、この手のは気を付けないと、記憶にないだけで観ているのが多いのです。

でもまぁ映画ってのは、観る時で印象や感じ方が変わりますから、同じ作品を何度も観るのも良いものです!
何度観ても駄作ってのもありますが( ´ノω`)ヒソヒソ

人物の掘り下げ方が少し弱いけど、わりと楽しめる作品だと思います。
MarkもClipも少ないですけど、私はオススメします(^-^)/

ライアン・レイノルズが凄くカッコイイんだから!