広島カップ

ゴースト・ハンターズの広島カップのレビュー・感想・評価

ゴースト・ハンターズ(1986年製作の映画)
3.9
チャイナタウンで怪物退治の大立ち回り。
着想は面白かったけどちょっとチープでポップな出来上がり。考え過ぎ、凝り過ぎの感は否めません。
J.C.といえばホラーとういイメージですが、これはアクションでチッとも怖くないやつです。
ホラーメイカーとしてのJ.C.を信奉するコアなファンの中には「J.C.は死んだ」という人もいましたが、その後『パラダイム』で生き返って一安心でした。
2000年代に入って低迷を続けるJ.C.ですが、直近作(『ウォード』)で弱気の毒を一旦落としてもらって復活を望みます。