ザ・ロードの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「ザ・ロード」に投稿された感想・評価

つな

つなの感想・評価

3.5
謎の天変地異で文明が崩壊した後の灰色の世界。人びとは食料を求めてさまよい、人食いする人間も横行する。そんな中、南に希望があると信じて進む父と息子はひたすら「善」でいようとする。
エンタメ性は皆無。とにかく絶望的な世界観だし、死ととなりあわせの恐ろしさが真に迫っていて、心理的に怖い。
生きるか死ぬかのときに善であろうとすることのむつかしさについて考えさせられたし、それでも子どもが清らかさを失わないことに希望の光があるような気がしました。
Mitchu

Mitchuの感想・評価

2.5
生きる為に生きる話。
ガキうぜえ
いままで観た終末世界映画の中で、一番過酷で残酷。

マッドマックスやザ・ウォーカーの世界が優しく思えるくらい悲惨な世界でした。
リアルな怖さというか、マッドマックスのようや見てわかる悪党が登場せず、ぱっと見普通の人が人喰いだったり、野党だったりするので、さらに怖いです。

終始暗く、絶望的な展開だけど、ラストにはちょっと明るい希望が見えたので、子供のその後が気になります…
キリキリキリキリ。。。
終始痛々しい。。

絶望の世界で、
彼らが生きる唯一の火、「人でいること」
それを保ち続けていたことの尊さと、
それにしてもこの後どうなるのかという絶望と、、、

心に火を持つこと


そのことを強く伝えたい物語なのか。
終始暗くて重くて絶望感
ウィゴの息子愛と生命力に乾杯🍻
063

063の感想・評価

3.7
このどうしようもない世紀末感ほんとすこ
クサ

クサの感想・評価

3.2
善きもの崇拝で無慈悲で息子のためなら殺人もするパパを息子が矯正する映画


極限状態でも手を差し伸べる優しさを持たなきゃあかんね。

そうすれば黒人さん助かったのに。。。
あれは本当にひどい
マスン

マスンの感想・評価

3.4
文明が失われ、荒廃した未来。世界か絶望に満ちていても、善き者であろうとする親子の姿があった。絶望の道をひたすら南へ、父と子は世界の終わりを歩き続ける

ヴィゴ・モーテンセン、必死で生き続けようとする父親の姿を見せる。
(カーゴCARGO)という映画を思い出した。
純粋な息子が父親を正していくあたり。
シヤーリーズ・セロンが暗い母親。
>|