Ritz

がんばれ!ベアーズのRitzのレビュー・感想・評価

がんばれ!ベアーズ(1976年製作の映画)
3.8
<どんな名優も、子供と動物には場面を喰われる>

世の中に野球映画は数あれど、ベアーズほどデタラメなチームはおそらくないだろう。ユダヤ人や黒人、威勢だけは一丁前なちびっこにカロリー摂取が趣味のオデブチャン。さらには話が通じないメキシコ人と本人たち曰く「寄せ集め」の弱小"少年"野球チーム、ベアーズ。そんな彼らが、強豪がひしめく中リーグ優勝を目指して頑張る奮闘劇が『がんばれ!ベアーズ』である。

スポーツ青春映画としてのサクセスストーリー的な主筋はあるが、それとは別にベアーズナインひとりひとりの物語として成り立ってるのがおもしろい。なかでも特出すべきは子役達の言動だ。野球の"や"の字も知らない彼らだがその別、口だけは達者なようで何かにつけて逐一ブースカと文句を垂れる。そしていざ練習となると、まずボールがストライクゾーンに決まらない。いやー素晴らしきキャラ立ちに乾杯。ピッチャーは瓶底メガネのド近眼である。たまにまぐれでコースにきても今度は俺の番だといわんばかりにバッター渾身のフルスイングで三者凡退空振り三振、バットの重さに体が負ける。さらにバントの練習などしようものなら、全員硬直。「バント?なにそれ。」こんなザマだ。そんな彼らの練習風景にはビゼー作曲の「カルメン」がお似合いだ。ハンディカメラの適度な"ブレ"が曲と重なり、見事なほど滑稽に場面を演出している。そんなベアーズ予想通り負けに敗けを重ね、結果、皆一様に野球をやめると言いだす始末。

さて窮地に追い込まれたチームだったが、そんな中ひとりの助っ人が現れる。アマンダ、12歳。なんとビックリ女の子である。しかし投球の腕はプロ級。狙ったコースにカーブ、シュートまで持ち出してビシバシ決める。そんなスーパーガールを演じたのは『ペーパームーン』で若干10歳にしてオスカー女優に輝いた、テイタム・オニール。野球経験皆無の彼女だったが3ヶ月の猛練習でピッチングをマスター。けっしてハリボテでない、そのすばらしいフォームは実際に映画をみて是非とも確かめてほしい。その後打ってよし、守ってよしの"不良少年"ケリー君が加わったことで、いよいよ磐石の布陣になってきたベアーズはいつの間にか勝てるチームに。しかしなぜだかチームの雰囲気はあまりよくないようで…

『がんばれ!ベアーズ』はコメディー映画である。実年齢10~13歳の子役たちの等身大の演技は、70年代の子どもたちの雰囲気をリアルに反映している。そして誰かひとりが際立って描かれるのではなく、個々のキャラクターがそれぞれ明確に定まっていているのがすばらしい。しかもそれがまったくブレないというのは正直おどろきである。このバラエティーに富んだ弱小ナインのドタバタ劇は、コミカルでときにシニカルな笑いに我々を誘ってくれる。しかし一方で、子どもである彼らにとって野球をする意義とはいったい何かと考えさせられる、至極まじめな映画でもある。勝つことを至上命令に統制されたチームと、勝ち負けは二の次でとにかく楽しく野球をしようとするチーム。どちらが真の少年野球かという問いに対して、まっすぐその答えへと導いてくれる。勝つことよりも大切なことをたくさん教えてくれたベアーズナインに祝福あれ。物語(試合)の主役は、ダグアウトで罵倒を浴びせる監督でも観戦に来た親でもない。舞台=グラウンドに立つのは、子どもたちなのである!その事にこの作品はあらためて気づかせてくれた。

そして、ラストはスカッと爽快?に彼らの検討を星条旗が称えて…

強いぞ!強いぞ!ベアーズ最高!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~
~がんばれ!ベアーズ外伝~
『バターメイカー物語』

アメリカの西海岸のとある町。休日のグラウンドに一台の車が勢いよく入ってくる。運転席の男、エンジンを切るなり後部座席に積み込んだクーラーボックスから缶ビールをひとつ取り出した。プシュッっと空気が抜ける音がすると、すぐさま口許に飲み口を押しつける。しかし炎天下の太陽に晒された炭酸飲料の宿命か無惨にも口許からあふれだす液体。だが当の本人は気にする様子など微塵もなく、なにやらせっせと車のダッシュケースを開けはじめるとビンのようなものを取り出した。そして何を仕出かすかと思ったら、この男。突然ひと口飲んだ缶ビールに、そのビンの蓋を開け、中に入った液体をドボドボと注ぎはじめたではないか!!

…「ボイラーメーカー」(百科事典Wikipediaより、以下)
ボイラー・メーカー (Boiler Maker) は、ビールベースのカクテルである。
アメリカの発電用ボイラー建設に従事していた作業員が、「一発」で酔っ払うために、飲みかけの缶ビールの缶の中にバーボンを入れて飲んだことが名前の由来。飲むとボイラーが燃える様に体が熱くなる。
> なお、このカクテルは韓国で「爆弾酒」とも呼ばれている。…

言ってしまえばいわゆるアル中である。いやはや車内でこんなものをグビグビと飲みはじめるとは、アメリカにはとんでもない奴がいたものである。だが私たちは知らなかった。その昔、彼はベースボールプレイヤーだったことを。そして今現在はプール掃除を生活の糧にしていることを。ああ麗しの日々よ…果たして栄光のはよみがえるのか?

彼の名はモリス・バターメイカー。過去の経歴を買われやってきた。今日から彼はベアーズの監督になる。彼の背中には威厳はない。ただ、砂ぼこり舞うグラウンドにはバーボンのきつい臭いがムンムンとたちこめていた…

この物語は、酒にタバコにグータラな "元" プロ野球選手の監督が、ダメダメ人間からいきなり熱血コーチに目覚めた後、子どもたちと共に野球を通じて真の勝利を勝ち取るまでの、汗と涙のロマンストーリーである!
~~~~~~~~~~~~~~~~~