ヒストリーボーイズの作品情報・感想・評価

「ヒストリーボーイズ」に投稿された感想・評価

Shelby

Shelbyの感想・評価

2.8
こんなにゲイっぽい映画だと思ってなかったのでダメでした。
ドミニク若い。若くてもかっこいい。
たぶん面白いんだと思うんだけど…。舞台が元だからかな。ちょっと詩的過ぎて付いていけない。頭悪いからかな。
これは結構難しい映画でした
舞台が元なんでほぼ会話劇なんですが
ひたすら勉強についての話です
盛り上がりもなにもないです
さらにその会話が、文学とかヨーロッパ史とかわかってないとなかなか理解できないんじゃないかなあ
あとちょっと詩的でもあり哲学的な
感じもします
オックスフォードを目指しているから?
なんか10代の会話じゃない

あとみんなゲイに見えてしまう
実際、ゲイの人がいましたが

でもこれを観るとイギリスの大学入試と
日本の大学入試の違いがよくわかります
日本は筆記テスト重視
イギリスは面接重視
だからと言って普通に面接してたら受からない
アーウィンなどの他の先生から個性的な授業を受け
新しく赴任したヘクターが面接には
遊び心も必要だというように応用する
って感じかな

一流大学は型にはまった人は合格しない
のかもしれませんね
もしかしたらその点は日本も同じなのかなあ

ラストは結構衝撃的なんですが
この映画、誰が主人公がわからず
誰に焦点を当ててるってわけでもないのでなかなか感情移入がしにくいかな

これは好き嫌いが分かれると思います
勉強とゲイしか印象に残らなかったかな

悪くはなかったですが
もうちょっとストーリーに起伏が
欲しかったです
樹

樹の感想・評価

5.0
オックスブリッジを狙うイギリスの受験ボーイ達の物語。個人的ベスト5にはいるくらい好きな映画。

フィクションとはいえ、名門大学を受験する彼らの姿には色んな場面でカルチャーギャップを感じる。受験のシステムや勉強の内容が日本と違うから当たり前なんだけども、そういう違いもひっくるめて面白い。競うように本棚から本をとって勉強する姿が地味にツボ。

古き良き教養型の老獪教師も、受験テクニックの鬼のような若手教師も、どちらも魅力的。こんな学校生活送ってみたかったなぁと見る度に思う。
LaserCats

LaserCatsの感想・評価

3.1
ドミニク・クーパーってこんなかっこいいんだ!って思った。
saki

sakiの感想・評価

2.0
とてもゲイゲイしい。笑
アルン

アルンの感想・評価

3.5
イギリスねー

Dead Poets Societyもすごくいい映画だった、
新書「パブリック・スクール」に取り上げられていておもしろそうだったので鑑賞。ドミニク・クーパーが出てるじゃん、というのもあり。

サッシャ・ダーワンがイケメン!に尽きる。
みんななんだかんだ言いながら図書館で競って本を借りまくって夜中まで小論文書いてるのがまじめ。いいね。
サミュエル・バーネット目当て。
最初からポズナーに肩入れした状態で見てたせいなのか、デイキンがどうにも好きになれずに終始モヤモヤ。
かわりにユダヤ人のポズナーが、敬虔なキリスト教徒のスクリップス、ムスリムのアクタールと仲良さそうなのにはなんとなくほっこり。
>|