西村大樹

昭和残侠伝の西村大樹のレビュー・感想・評価

昭和残侠伝(1965年製作の映画)
4.5
オープニングで『唐獅子牡丹』が流れた瞬間から、この作品の中に取り込まれてしまう。
本作は、スターシステムの中における娯楽映画の教科書と言ってよい。脚本の展開はもちろん、音楽の入れ方など完璧である。高倉健を中心とする役者の魅力を引き立てる演出も見事。
本作は教科書である。しかも、かなり面白い教科書である。娯楽映画を論じようと思うなら、必ず触れるべき作品だ。