n

昭和残侠伝のnのレビュー・感想・評価

昭和残侠伝(1965年製作の映画)
-
敗戦直後の浅草、昔ながらのテキヤである関東神津組は、手段を選ばずにマーケットを拡大しようとする新興ヤクザの新誠会によって組長を殺されるも、その遺言が平和主義を命じたため、血気にはやる若衆(梅宮辰夫、松方弘樹)の報復行為が禁じられる。そこに遅れて復員してきた高倉健が後を継ぎ、戦前恋仲にあった三田佳子が石岡組の江原真二郎と結婚してしまったという事実にも耐え、組と「エンコ」を戦災から復興させるため馬車馬になって頑張るが、新誠会の非道がエスカレートし、商品を奪われたり、松方が拉致・暴行されたり、新誠会が売春させていた水上竜子と恋仲の梅宮が殺されたりする。神津組に居候している池辺良は実は妹の水上を探していたのだが、彼女もまた肺病が悪化し死んでしまい、独り新誠会に討ち入った江原も殺され、果ては神津組が建てつつあったマーケットにも放火される。ここまで耐えてついに堪忍袋の緒が切れた高倉は、池辺とともに「唐獅子牡丹」を歌いつつ新誠会に討ち入り、松方が刺し違えてしまうも復讐を遂げる。