イゴールの約束の作品情報・感想・評価・動画配信

「イゴールの約束」に投稿された感想・評価

15歳のイゴールは不法入国者を斡旋する父親の手伝いをする傍ら修理工として働いていた。
ある日労働者のアミドゥが足場から落下、妻と子供を頼むと言い遺し亡くなる。
アミドゥが亡くなった事が不都合な父は遺体を隠す。
彼の妻アシタは夫を探すも見つからない。
鶏の臓器占いで近くにいると出て、確かに目と鼻の先にいるが死んでいる。
生きてるのか死んでるのか。
この国を離れているのかも分からないまま夫を待ち続ける妻子と真実を握り潰す父子
何も知らずに夫を探していつか諦めるか、亡くなった事を告げるか。
不法入国者だが落ちた直後は息があったし、隠蔽しなければ助かったかもしれない命
イゴールは罪悪感を抱えながらアシタの面倒をみる。
お揃いのタトゥに指輪、子離れ出来ない以前にマインドコントロールの域で父親が恐ろしい。
自分達の幸せが何よりも最優先。
他人がどうなっても知ったこっちゃないという父親の考えは息子のイゴールにとって絶対的で抗えない。子供に出来る事は限られている。
不法入国者の弱みにつけこんだ非情な手口…どうか天罰が下りますようにと祈っても罰は当たらない筈。
子は親に似るし、歪みは伝播する。
間違いなくイゴールの心の傷となって残るが一番不憫なのはアミドゥなんよなぁ。
ラストショットのどうしようもなさがやるせない。
riechivy

riechivyの感想・評価

5.0
葛藤するイゴールに何度も胸を締め付けられる。音楽が排除されていて演技だけ見せるやり方は没頭して見れた。
考える余白を残してくれる終わり方はとても好き。ダルデンヌ兄弟の作品のファンになった
SunnyBug

SunnyBugの感想・評価

4.0
歪んだ生活の中で子供が子供として育ってこなかった中、親の愛情と子供の自我の芽生えで交錯する葛藤。人生を変えることが出来ない大人と、一歩踏み出してしまった子供。感情がムズムズします。
蒼

蒼の感想・評価

4.0
ダルデンヌ兄弟映画の沼に入ってしまったので「少年と自転車」に引き続き鑑賞。大人になれない子供のヒリヒリとした感情や行動に対しての描写がリアルなのと、イゴールとアシタの関係性、抜け出せない父親からの脱却がとても印象的。バイクにヘルメット無しでサッと乗り走る姿がカッコいい!!!
a

aの感想・評価

4.3
起きてしまった事件と過ぎていく時間。自分の生き方を選べない気がするのは、親の背中を充分に見て育つことのできない子供だからなのか。乾いた空気と裏腹に、涙に濡れたイゴールの瞳が悲しかった。
オススメされた監督の初期の作品。
父の支配下にある息子の葛藤。
ろくでもない親の元に生まれてきたイゴールだけど、ちゃんと心優しい少年に育ってたのには救われた。
劇中でイゴールが使ってたボールペンが、私の大好きなフランスの会社のペンだったからそこも気分が上がった笑。
いい作品だった。
まるで、陽の当たらないような。懸命さが空を切る、寒気に吐き出される白い息のような。窮屈な居場所から、心が体外へと逃げ出したかのような。葛藤と風景がひとつの画面に写る。重苦しさ故か、美しさ故か、動揺は行き場を失ったまま。
のぶ

のぶの感想・評価

4.2
結構つらいがドライな質感がグー
イゴールがアシタに告げる瞬間が、何とも辛くせつない。でも、告げた瞬間にイゴールが一回り大きくなったことで少しホッする。
>|