のん

キャンディののんのネタバレレビュー・内容・結末

キャンディ(2006年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます


暖かみを帯びた映像の中の、儚くて切ないラブストーリー。

主人公の二人はヘロイン中毒なんだけど、愛し合う二人の「もうとにかくあなたに溺れてしまいたい」という甘美な感情の迸りが心にギュッときた。

ドラッグがどうのとか愛と分別とか言うよりも、強く“その人”を求める想いの強さゆえにどんなに求めても足りなくて、ただ二人だけの世界にとどまりたい…っていうどうしようもなく必死な衝動が観てて切ない。そして眩しい。
麻薬があってもなくても、こうなるしかないのかな…。
二人が一緒のハッピーエンドであって欲しいと願った、私の中では数少ないラブストーリーでした。

親密さに関する、ある意味人間の根源的な欲求が描かれてると思う。