ももさく

ラブ・アクチュアリーのももさくのレビュー・感想・評価

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)
4.0
ラブアクチュアリー→愛は至る所にある...クリスマスだから今日は特別!って想いを伝える、勇気を出して素直になろって話し。

「英国首相と秘書の恋」
デイヴィッド(ヒューグラント)は首相なのに踊ってるしユーモアある所が素敵。秘書のナタリー(マルティンマカッチョン)がぽっちゃりだけど可愛い。


「おじいさんロックンローラーとマネージャー」
このおじいちゃんビリー(ビルナイ)が歌ってる歌と動きが頭から離れない。空気が読めない問題発言ばかりでマネージャーを困らすが...。太ったマネージャーとの友情がとっても良かった。


「親友の彼女の結婚」
何とも切ないけど凄く素敵!でもやっぱりカードをめくる所を見た後は切なさが勝ってしまう。。ジュリエット(キーラナイトレイ)の可愛さ半端ない。


「AV女優、男優の恋」
思いっきりおっぱい出てるし、そう言う仕事なんだけど2人が想い合っててホッコリしちゃう。


「妻を亡くした親子」
本当の父親じゃないけど息子を応援してる気持ちが伝わる。息子サム(トーマスサングスター)が好きになる女の子ジョアンナ(オリヴィアオルソン)の歌のうまさに鳥肌がたった。


「社内恋愛」
サラ(ローラリニー)がやっとカール(ロドリゴサントロ)と結ばれる!けどやたら電話が...ってのがそりゃシラけるよね。


「やりたいだけのもてない男」
頭ん中sexしかないんか...アホか...としか私は見れず。それでも本人は幸せそう。


「作家とポルトガル人のお手伝いさん」
ジェイミー(コリンファース)がオーレリア(ルシアモニス)と話したくて言葉を習いに行くとか、遥々会いに行くとか愛があるなぁ。ゾロゾロついてくる所も印象的。

「倦怠期の夫婦」
幸せな家族でいたいが為の妻カレン(エマトンプソン)の我慢...。夫ハリー(アランリックマン)の勝手さにイライラした。ハリポタのスネイプ先生とは気づかなかったなぁ。

ミスタービーンのローワンアトキンソンが出てた。ラッピングの所なんだかイライラした。

ちょっとだけ全体の話しが繋がってる所もいいし空港のシーンがとても好き。本当幸せな気持ちになれちゃう映画。

私は首相と秘書の話しと親友の彼女の話しがとても好きでした。
生きてると嫌な事沢山あるけど、やっぱり幸せな気持ちになるって素敵な事だなぁと思った。

大好きすぎてDVDも購入した映画。クリスマスに好きな人と是非見ていただきたいです。