きの

ラブ・アクチュアリーのきののレビュー・感想・評価

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)
4.8
どの登場人物も愛くるしい。
こんなに好きな群像劇は他にない。
クリスマスの時期に観たらもっと気分も盛り上がるのかな。今度試してみよう。
とにかく、自分の愛する人物に会いたくなった。すぐには会いに行けないけれど、必ず愛してるって伝えようと思う。

(クリスマスに観てみようってことで再鑑賞)
前回の鑑賞時の有言実行!
クリスマスイブ〜クリスマス当日の真夜中に観ました。
前回ほどの高まりは無かった(笑)けれど、やはり大好き!
ここ半年、コリン・ファース出演作品をチラホラ観ていて、1人コリン熱に盛り上がっていたのだけど、この作品の中の彼もやっぱり良かった。
例えスーツじゃなくても、メガネじゃなくても(笑)
今回も、「1秒待って」と言ってフラットの階段で喜びを身体全体で表すサラがとってもキュートで好きだなあ。
あと、自分の恋心に一応ケリを付けたマーク役のアンドリュー・リンカーンは、こうしてゾンビと戦う日々へ向かって行ったんだなあと、くだらない事も考えました。(ほんとくだらない)
出会いを聞かれたジョンとジュディの"Uh" "Hmm"も好き。
ところでジュディという役名、IMDbだと"Just Judy"となってて笑った。
物語の始まりと終わりの空港での人々の映像には、自然と口角が上がります。
あ〜楽しかった!