ファンハウス/惨劇の館の作品情報・感想・評価

「ファンハウス/惨劇の館」に投稿された感想・評価

小森

小森の感想・評価

-
大金を払ったにも関わらず、すぐにイッたという理由で正当なサービスを行わない熟女に怪物がブチ切れ殺害。その一部始終をいけ好かないリア充共が目撃していた。果たして怪物はリア充を始末して無事に明日を迎えることができるのか!?というストーリー。
「調子に乗ったガキ供と手抜き風俗嬢は糞」というフーパーからのメッセージ、しかと受け取った。合掌。
ナノ

ナノの感想・評価

3.3
トビーフーパー監督による、フリークスホラー。

主人公の女の子は、父親に反対されながらも、こっそり(遊園地みたいな場所の)カーニバルに出かける。

そこで彼氏と、もう一組のカップルの友人達と楽しく過ごす。

しかし、カーニバルの終幕時に、ファンハウス(見世物小屋)に興味本位で忍び込んでしまい、屋根裏から殺人事件を目撃してしまう!上(屋根裏)に自分たちがいることに気づいた犯人とその父親が彼らを殺そうとしてくるが……。

結論から言って話はありきたり!ただのB級ホラーでした。。でも、犯人のフリークスの顔面が良くできていて、いい意味で気持ち悪い。。。
怖さは出てたかな??
ぺ

ぺの感想・評価

3.5
カーニバルホラー。

お化け屋敷に閉じ込められた若者集団が次々に殺されていく。

冒頭からハロウィンとサイコのパロディで楽しい。
アメリカではカーニバルに何か恐ろしいものがいるって感覚があるんだなと思った。

このレビューはネタバレを含みます

不気味で興味がわく雰囲気
なるほど悪魔のいけにえの監督なのか
舞台がお化け屋敷とか騒ぐだけで戦わない無力なヒロインとか、良いホラー映画です

犯人であるフランケンの若者の正体はとても醜い姿をしていて、途中で買春しようとするシーンがある
映画の殺人鬼って化け物としてとらえがちだけど、ちゃんと人間らしく描かれてるのが生々しくて衝撃だった

あと、見世物小屋に奇形の牛がいて、惜しげもなく映してる所に時代を感じた
世の中が過小評価して止まないフーパーの佳作。
お化け屋敷を舞台に繰り広げられる怪物との鬼ごっこ。ただそれだけの話を、平常運転の天才的な恐怖演出で飽きさせることなく見せる。
得体が知れず、ユニークで不気味で、とにかくおそろしい。
「悪魔のいけにえ」ほどのインパクトも、クセの強さもそれほどないが、異形の者への愛や、処女と童貞の救済、機械仕掛け趣味などフーパー節を感じる部分も多い。
フーパーの凄さは、言語化不能の恐怖を見事に描いてみせることにある。
この恐怖はリメイクなど到底出来ないのだ。
ファンハウスに入ってからフリーク親子の会話が出てくると微妙で停滞する。それより前半のカーニバル描写の方が豊かで好き。
さすがトビー・フーパー。『悪魔のいけにえ』に引き続き、家族のいい話だった。最初の30分がやや長い。
みちる

みちるの感想・評価

3.4
どきどきしたからよかった
ナコ

ナコの感想・評価

4.8
面白かった!コースタータイプのお化け屋敷いいよね〜🎃
ヒッチがいかに後のホラー界に影響をもたらしたかもよく分かって素晴らしかった!
雰囲気が最高
>|