のん

テルマ&ルイーズののんのレビュー・感想・評価

テルマ&ルイーズ(1991年製作の映画)
4.5

再鑑賞。

やっぱり大好き!

まだ女性の社会的地位が低く抑圧されていた時代。
ウェイトレスのルイーズは暗い過去を背負い、テルマは横暴な旦那のもと鬱屈した生活を送っていた。
そんな二人が旅に出てひょんなきっかけで破滅へと向かう…

破滅なのか、解放なのか。
私にはラストシーンの二人は解放されたように見えた。

最初は頼りなくて何事もルイーズに寄りかかってばかりのテルマが、旅を続ける過程で「吹っ切れて」いく姿が印象的。
吹っ切れたのか、ぷっつん切れたのかは人によって解釈違うだろうけど。