テルマ&ルイーズの作品情報・感想・評価

テルマ&ルイーズ1991年製作の映画)

THELMA & LOUISE

製作国:

上映時間:128分

ジャンル:

3.8

「テルマ&ルイーズ」に投稿された感想・評価

tama.

tama.の感想・評価

3.5
そう終わるのかー!
この映画はこの終わり方でぐっと完成度が上がる。

ちょっぴりおバカなテルマとしっかり者のルイーズが、あることから警察に追われるようになって…。2人の女の友情を描く熱い作品。
2人は途中から警察じゃなくこの閉じられた世界から逃げてたんだと思う。

ハーヴェイカイテルが優しいおじちゃん刑事で出ている。
ファッションがカッコいい
最後が不完全燃焼
時代背景は90年代初頭。なのにアメリカンニューシネマの香りが濃厚にする作品。2人の落ちていく過程で、友情が確固たる形になる様が秀逸。
ism

ismの感想・評価

4.7
\ \ おススメポイント / /

女性必見です❗️
・彼氏や旦那と喧嘩してイライラした時

女性だけでなく
・息苦しさを感じてる人
・ストレス抱えてる人

そんな人は一見の価値あり❗️

スカッと爽快なロードムービーです✨



監督は『エイリアン』『グラディエーター』『オデッセイ』を手がけたリドリー・スコット

♦︎ルイーズ/スーザン・サランドン
『ザ・クライアント 依頼人』『グッドナイト・ムーン』など

♦︎テルマ/ジーナ・デイヴィス
レビューにも書いた『プリティ・リーグ』でドティやってた✨



舞台はアーカンソー州の小さな町
2日間女同士で旅行に出かける事にしたテルマとルイーズ

ウエイトレスとして働く勝ち気なルイーズ
高圧的な夫に脅える頼りないテルマ


女同士の初めての旅行。
楽しい旅行になるはずだった ───


窮屈で退屈な毎日
たまにハメを外したっていいじゃない❗️
66年型のフォード・サンダーバード・コンバーチブルに乗って2人は颯爽と町を出た

その夜、立ち寄った酒場で男にナンパされ解放感から仲良くなるテルマ…
専業主婦あるある?昼顔的なやつ???
からの……
レイプされそうになったテルマを助けるルイーズだったが男を射殺してしまう

殺人容疑で追われる事になった2人…正当防衛だが、過剰防衛だから罪に問われる……よね?


── 2人が選んだのは自首よりも逃亡すること ──


犯罪を肯定する作品でもないし
勿論、私もそこはいいとは思わないけど
そこからがこの作品の物語が始まる
そう。これは逃亡劇なのだ

正直、最初はテルマにイライラする❗️

男は旦那しか知らないテルマ…
懲りずにヒッチハイカーのJ.D.とイチャイチャするし…
でもね…アレは仕方ない(๑ ˊ͈ ᐞ ˋ͈ )
だって…ブラピなんだもの〜💕

若き日のブラピがちょい役で出てるんだけど、そのピチピチとしながらも色気のある彼…私だってムラムラキュンキュンしちゃったわよ( ´艸`)
コレが彼の出世作になったそう


逃亡劇なのだがどんどん転落していく2人。でも、どんどん男社会の檻をぶち破っていく❗️
それが爽快で痛快❗️2人が男達をやり込めていく様‼️
そう。
この作品に出てくる男達はみんな“クソ野郎”ばかり💦

唯一の理解者は居るけどね💦

女を食い物にする身勝手な男達への復讐とでも言うのだろうか…

男性は目をそらしてしまいそうだけど、男性優位な当時
男女平等とは言え、まだまだ女性の立場は弱かった。
そんな中で、物語が進むうちに
彼女達に変化が見える

最初はふわふわした格好をしていたテルマも、化粧も落ち、土埃にまみれていく。
だけど、その表情は生き生きとしていく2人。

─ 徐々に覚醒して本来の自分を取り戻していく ─

テルマはモラハラ旦那との抑圧された生活で、本来の自分を見失っていたんだと思う。従うしか無かった…
ルイーズもまた、過去に酷い目にあって辛い思いをして生きてきた。
自分を押し殺し、強さで弱い自分を守ろうとしていた。そうやって生きてこなければ生きてこられなかった…

だからこれは
ただ男をなぎ倒して行く話しじゃなくて

本来の自分を取り戻す話しなのではないかと言うこと。
色んな事から解き放たれ自由になっていく、どんどん心が軽くなっていく…

まさしく自我の解放。

それが
衝撃的なラストに繋がっていく ───

あれは
お見事としか言えない
自由に向かって…何にも誰にももー邪魔されたくない❗️
そんな2人の想いが画面から飛び出してきそうだ。
2人が羽ばたいて行く姿がそこにはある。


窮屈な世界におさらば❗️

くぅー
カッチョいい(⌯¤̴̶̷̀ω¤̴̶̷́)✧


まー
クソ野郎をなぎ倒していく様が痛快でスカッとするんだけどねꉂ笑꒱
あの、セクハラタンクローリー男に天誅‼️食らわしたところが一番スカッとする❗️
他にも見どころはあるので
見てない人は是非一度見てほしい❗️


開き直った女は怖い‼️



ちょっとモヤモヤ期に見たので私もスカッとしたよ〜( ´艸`)
nakagawa

nakagawaの感想・評価

4.6
テキサスとかグランドキャニオンの雰囲気も味わえて最高。まさにカッコいい女性が描かれていた。個人的にはこういう結末で良かったと思う!
終わってからラストシーンだけもう一度みなおしちゃった。
Wakana

Wakanaの感想・評価

4.3
エッセイの引用で知ったけど、フェミニスト・ムービーの金字塔らしい。
たしかに家に閉じ込められていたディキンソンの衣装が途中でスカートからジーンズに替えられていたり、ウェイトレスのソーヤーが途中でリップスティックを捨ててカウボーイ・ハットを身につけたりとか、まあなんていうか暗喩(記号?)が多い。“I feel awake”なんて言葉が出るんだけど、言うに至るきっかけもショパン的というか。
ラストも含めてこの作品が議論を呼んでいるのを考えると、女のイデオロギーから解放されることと男っぽくな(ったように見え)ることは必ずしも一緒にしてはいけないといういいお勉強にもなる。

彼女たちがお互いに起こした致命的な事件は相手に重大な心労を与えてしまうのだけど、そのような分断の危機を乗り越えて「それでも一緒にいる」のは、その致命的な事件の<秘密>を共有しているから、離れるに離れられないということか?
ウィークエンドシネマで観たらラスト唐突に終わったんだけど、あれは本来の終わり方と同じなのだろうか…。それだけ気になる。
megumi

megumiの感想・評価

3.7
卒論のために見た。
世間から女性ってことでいろんなことが縛られてるのを振り払ってまさに解放された!っていう表現がぴったりな映画。ファッションもかわいかったなあ。ブラピちょい役だけど存在感と美しさがもう完璧だった。
まお

まおの感想・評価

-
ファッション、音楽最高。
抑圧された場所から離れ、自ら進むテルマとルイーズの出発前からの変化にドキドキしっぱなし。最高にクレイジーでクールなバカンス。同じ犯罪もののロードムービーでも「俺たちに明日はない」の現実味はなく、笑いどころが多い。オチは映画館で見るときには許せないかも。
若かりしブラッドピッドがかっこいい。抱かれたい。
>|