よ

きみに読む物語のよのレビュー・感想・評価

きみに読む物語(2004年製作の映画)
-
どういう内容かあまり知らずに見たけど、
見たらタイトルの意味がわかった。

若いころの二人はあんなに好きだったのにけっこう簡単にロンのこと好きになっちゃったりちょっとしたことですぐ喧嘩しちゃったり、正直んん?ってとこもあった(笑)
道路のシーンめちゃすき!

やっとアリーがノアのこと思い出したのにすぐ忘れちゃって「なんでダーリンなんて呼ぶの!?」って言うところ、切なくてつらかった。

個人的にはアリーのお母さんが昔はママも同じような経験したのよって教えるシーンと、コーヒー淹れてくるからバカなことしないでよってさりげなくサポートしてくれるイケメン看護師さんが好きだった。

ラストはちょっとファンタジーみを感じるけど、素敵な終わり方。