coma

きみに読む物語のcomaのレビュー・感想・評価

きみに読む物語(2004年製作の映画)
3.0
良かった。なんか文句つけたら人の道を外れるんちゃうんか…って位にいい話ですねコレは。
理屈じゃない恋の始まりとか、二人なら大丈夫って根拠のない自信に溢れた時間、それでも互いの立場を無視できなくなる苦しさ。
どうせよくある悲恋だと観客に諦めさせない朗読のシーンの挟みかたも上手くて…ラストはカタルシスを覚えたほどですね。やたら勘ぐったり捨て鉢な気分になってしまったことを恥じます😢




以下ネタバレ


若い日のふたりのくっついたり離れたりにはあまり感情を動かされなかったのです。勢いがいいねぇ。程度の感想で。

"二人は再会し、結ばれ、色々あったけれど愛の奇跡で共に天国へ旅立ちました"
その、色々あったけれど…そちらの日々の方が私には愛の奇跡だと感じるのです。
あんなにも容易く口論になってはすれ違う二人が、老い衰えた今は辛抱強く耐えている。たった一瞬想いを通わせるための朗読に毎日の殆んどを費やしている。僅かな記憶の引っ掛かりを必死に手繰り寄せている。
たった一瞬のために…ぐっとくる。
むしろ老いた二人のパートがメインの話でいいんじゃないですか…
愛は一生かけて育てるものなのですね。

…素敵すぎる!そう、素敵な映画です。だからもっと素直に受けとればいいのに、勿体無い。物語にのめり込めない私。素敵すぎて現実味がなかったのかなぁ…