きみに読む物語の作品情報・感想・評価

きみに読む物語2004年製作の映画)

THE NOTEBOOK

上映日:2005年02月05日

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「きみに読む物語」に投稿された感想・評価

ものすごく人間らしいラブストーリーでした。
後半は切なくなるけど、ラストはとても穏やかな気持ちになります。
夜中に観たくなる映画です?
s

sの感想・評価

-
ノアとアリーみたいな純愛憧れる…
ミスチルの桜井和寿さんが
すきな映画ということで、
みました。

むかしのエピソードは、
若いっていいなーと思える、
うらやましさ全開のラブストーリーですが、
話としては、わりと王道的です。

さらにおじいちゃんとおばあちゃんが、
だれなのかも、わりと早い段階であかされ、
映画全般をとおしても、
とくにドラマがあるわけでは
ありません。

だけど、この映画が魅力的なのは
若いふたりの恋愛模様だけじゃなくて、
そのあとを描いている点じゃないでしょうか。

ぼくはまだまだ若いほうなんで、
しわくちゃになった自分とか
ヨボヨボの嫁さんを愛せるのか、
まったく想像できないし、
いまもケンカしまくってるけど、
「どうせ愛してしまう」のかなーと、
おもいました。
totoro

totoroの感想・評価

3.8
不覚にも泣いた。
戦前のアメリカの雰囲気、好きだな。
LOS

LOSの感想・評価

5.0
こういう奇跡も有りだよね
がっく

がっくの感想・評価

5.0
記憶をなくした老人の女性のもとに、若い男女のラブストーリーを話す老人が現れるというところから始まる純愛物語。
号泣。タイタニックより泣いた。前半の青臭すぎる恋から後半にかけてどんどん深みのある恋に変わっていく二人の関係が過去と現在が交互に描かれていて、理屈じゃない本当の愛を観れる綺麗な映画。最後のシーン、理解できるほど簡単な愛のカタチでは無いけど真っ直ぐすぎる二人が素敵だった。おじいちゃんになってからもう一回みたい。

ドラマチックなラブストーリーで泣きたい人におすすめ
kiko

kikoの感想・評価

-
ないた
mayu

mayuの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

とっても綺麗な映画だった。
アリーは浮気をしてしまったりして、それはもちろん綺麗なお話ではないけれど、ノアとアリーの関係に軸を置いて観るととっても綺麗。
見た目とか道徳観とかじゃなくて、綺麗な感じ。

風景は見た目的にもとても綺麗だった。
白鳥がたくさんいる中でボートを漕ぐシーンは素敵だったし、ノアが完成させたお家はとっても可愛い。
現在のアリーが窓から見つめた夕暮れもとても綺麗だった。

ファッションもとても可愛くて、ヘアスタイルまでとても素敵だった。
ノアといる時のアリーが、髪ボサボサなのにヒール靴で怒ってドタドタ歩くのも可愛かったし、しっかりピンを止めて頭からつま先まで整えて婚約者に会いに行くアリーも可愛らしかった。

買ったとかじゃなくて、多分その辺りに咲いてたのを摘んできた感じのノアのお花も可愛かった。

お母さんが最後、味方になってくれて無事に結婚できたのかなあ。
「お父さんのことを愛してるのよ」
って言いながらお母さんが泣くシーンはよかった。

ずっと一緒にいられたらいいなと思って、実際にそうしてるってすごい。

最後も私は好き。
私も最愛の人には先立たれたら辛すぎるし、先立つのも辛すぎるから、一緒に眠りたい。
きつね

きつねの感想・評価

4.0
本当に純粋なラブストーリー。
きみに読む物語、題名のまんまです。
年代も年代だからレトロなファッションも素敵🥰
ピュアでまっすぐなラブストーリーなので展開は読めちゃうけどよかった〜!
>|