きみに読む物語の作品情報・感想・評価

きみに読む物語2004年製作の映画)

THE NOTEBOOK

上映日:2005年02月05日

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「きみに読む物語」に投稿された感想・評価

よ

よの感想・評価

-
どういう内容かあまり知らずに見たけど、
見たらタイトルの意味がわかった。

若いころの二人はあんなに好きだったのにけっこう簡単にロンのこと好きになっちゃったりちょっとしたことですぐ喧嘩しちゃったり、正直んん?ってとこもあった(笑)
道路のシーンめちゃすき!

やっとアリーがノアのこと思い出したのにすぐ忘れちゃって「なんでダーリンなんて呼ぶの!?」って言うところ、切なくてつらかった。

個人的にはアリーのお母さんが昔はママも同じような経験したのよって教えるシーンと、コーヒー淹れてくるからバカなことしないでよってさりげなくサポートしてくれるイケメン看護師さんが好きだった。

ラストはちょっとファンタジーみを感じるけど、素敵な終わり方。
ゆん

ゆんの感想・評価

2.5
ノアの顔が好みじゃなくて入り込めませんでした。。。
s

sの感想・評価

5.0
レイチェル・マクダムスがただただ可愛い
終わり方が最高
AM

AMの感想・評価

4.8
ノアのように好きになった人を愛し続けることは難しことだと思う。だけど、いつか自分が死を悟った時、この人と一緒にいてよかったと思える人と添い遂げたいなと思わせてくれる。人を愛することの尊さや難しさ素晴らしさを感じさせる素敵な純愛ラブストーリー。
hts

htsの感想・評価

3.8
記録
M

Mの感想・評価

5.0
素晴らしい映画でした。何歳になっても愛する気持ちが変わらないって奇跡のようで美しかった。
AOI

AOIの感想・評価

3.5
【誰も傷つかない失楽園 まぁ違うんだけど】

再鑑賞しました
なぜこの映画の記憶がなかったのか不思議ですが
はじめに観たときは、脳がお仕事モードだったかもしれません

正統派ラブストーリー作家といえば
ニコラス・スパークス
秋にぴったりの作品です
ポスターはほぼ同じテイスト
ここまでくると潔くてむしろ好き

王道ラブストーリーはどっぷり浸かっちゃったほうが断然おトクです💓❣️
シーンにマッチした音楽で気分が高まったところで
主人公に自分を重ね、切なさを味わえば
アドレナリンとノルエピネフリンとドーパミンが溢れて若返る!

・・・・はず
>|