きみに読む物語の作品情報・感想・評価・動画配信

きみに読む物語2004年製作の映画)

THE NOTEBOOK

上映日:2005年02月05日

製作国:

上映時間:123分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「きみに読む物語」に投稿された感想・評価

1番泣ける映画、青春時代、愛し合っていた2人だけど
色々あり、引き裂かれてしまう。
お互い大人になり、再開。
空白の間に最愛の元彼女にはお金持ちの恋人が
お金か愛か、正しい選択をしてねと母の言葉。
愛は永遠に…離れてても愛してた的な映画
今そばに居る人を大切にしてください
愛が如何に大切か教えてくれます。
僕はお金の方が大切だと思うけど笑
良き映画😘😭
Nat

Natの感想・評価

4.0
恋愛、感動ものはあまり見なくて、
渋ってたけど、やっと観ました。

前半から泣いてたな?
袖が涙と鼻水でえらいこっちゃ
Hani

Haniの感想・評価

3.5
初見時、ライアン・ゴスリングがそんなに好きでなくてハマれなかったんだけど、もう一回見たい。ララランドを観てライアン・ゴスリングいいな…って思うようになった。
Aym

Aymの感想・評価

4.2
すごくシンプルだけどグッとくる。途中から鼻詰まらせてずっと涙流してた。こんなふうに思える人と出逢いたいなあ
あったけえ
瑞希

瑞希の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

親に反対される恋愛をして離れてしまうふたりだけど大人になって色々あって再開してもまた喧嘩を繰り返すけど、結ばれてその話を記憶喪失になった妻に語っているのに感動。
やぎみ

やぎみの感想・評価

4.0
何度見てもグッとくる。
おさち

おさちの感想・評価

5.0
もうほんとベタだけど、1番好きな映画はなんですか?って聞かれたら、これって答えるくらい私の中で最高の作品。
何回も観て鼻詰まって耳聞こえんくなるくらい嗚咽した。
knykeast

knykeastの感想・評価

4.1
原題 THE NOTEBOOK

凄くシンプルで素敵なタイトルですよね。邦題も悪くないですが、原題の方がより作品の感動を呼び覚ましてくれます。

物語はとある川沿いの邸宅で、認知症の女性に1人の男性が、ある物語の読み聞かせをする場面から始まります。男性は女性の夫であり2人は実は夫婦であった。。

その物語は、風光明媚な田舎町で肉体労働で生計を営むノアと、都会からバカンスで町を訪れていた富豪の娘アリーとの恋物語。

情熱的で天真爛漫なアリーを演じるのは、レイチェル・マグアダムス。そしてアリーに一目惚れした一途な青年ノアを演じるのは、ライアン・ゴズリング。

眩しいばかりの、この若き二人が織りなす純愛がストレート過ぎて、こちらが気恥ずかしくなります(^^)

でも、自分の中で、何処かに忘れたまま置き去りになっている、思いであったり、感情であったり、大切な何かを思い出させてくれる気がしました。

物語が進むにつれ、どんどん感情移入する認知症の女性。そして物語と記憶の交錯。。

「あなたは私達の愛が奇跡を起こすと思う?」
「ああ、思うよ」

せつなくも、深い愛に包まれた名作です。
アリ

アリの感想・評価

3.5
こんな恋愛自分には程遠いな
感動させてもらった
>|