ねこたす

ゆきゆきて、神軍のねこたすのレビュー・感想・評価

ゆきゆきて、神軍(1987年製作の映画)
-
ワンカット目で、「田中角栄殺す」と大きく書かれたシャッターが映され、「あっ、これはヤバい映画だ」と直ぐに分かる。
その後述べられる、殺人の前科、天皇へのパチンコ襲撃、天皇ポルノビラのその言葉の破壊力にぶん殴られたような衝撃。
おお、昭和とはなんと恐ろしき時代か。

物語に入るまで、主人公たる奥崎謙三がいかなる人物かを記録していく。結納の場面で反体制だから二人は結婚できたとか、裁判官に小便をかけただとか。幸い皇居前は今とそこまで変わっておらず、あそこであんな街宣活動をしていたのかと想像すると自然に笑いが出てくる。

そんな奥崎は、自分が戦争で所属していた部隊で上官による処刑事件があったことを知る。遺族を訪ね、かつての関係者から話を聞こうとする。

おばあちゃんに紳士に接し一緒に泣き、墓に飯盒で炊いた出来上がりのご飯を備えるあたり「あれ、意外にまともな人なの?」と思えてしまう。

当時を知る人は、記憶が薄れているだとか、自分は直接知らない、それだけは言えないなどとトボけようとする。
しかし、奥崎は追及するのを止めない。話すまで帰らない、監禁で警察を呼んでもいいと覚悟の上だ。挙句の果てには、相手が無礼だと殴りかかるしまつ。
ただただカメラは傍観することしかできない。

それぞれの証言が一致せず、誰かが嘘を付いているのか?と疑問に思う。今年の映画だけれども、『ルック・オブ・サイレンス』を思い出す。あちらも加害者は口を割ろうとしない。しかし、無力で何もできないことによる衝撃を味わう映画に対し、ゆきゆきて神軍はそんなことはない。ひたすら行動的。

奥崎という男は、戦争の被害者なのだろう。若くして戦場に行き、敗戦してからは悪い戦争だったと繰り返す。戦勝国によって裁判が行われ、国体は護持された。

人を殺しても、天皇に無礼をしても自分は責任を取ってきた。しかし、天皇は責任を取っていない。それが許せない。お前らも、そんな天皇と一緒だ。そのように問いただす。

ああ、なるほど一理ある。世間的に頭がおかしいと言われるような人も、腹に一物抱えていて人の意見はちゃんと聞かないとなあ…と、思い始めた矢先に思いもよらぬように映画は幕を閉じる。

その突き放され方に、またもやぶん殴られた衝撃。これが価値観を揺さぶられるってことだ。

図らずも、3作連続で食人が出てくる引きの強さ。戦争をろくに経験していない人間がアレコレ言う時代になってしまったが、こういう映画を観て考えられる貴重な映画だ。