GASS

ゆきゆきて、神軍のGASSのレビュー・感想・評価

ゆきゆきて、神軍(1987年製作の映画)
4.5
これは強烈でした。

まさかこんな内容だったとは。
ほぼ予備知識が無いままに見たので、驚きで心底震えました。

実際に戦争を経験し生き延びた出演者の口から、戦争の恐ろしい話が生々しく語られます。

白人兵士を白豚と呼び、原住民を黒豚と呼ぶ。
そして皆生きるために白豚、黒豚を食って生きながらえた。
まさに生き地獄。
戦争を経験していない自分には、とても想像することも出来ないし、凄まじい経験だったのでしょう。

主役である奥崎謙三氏の活動を私がどうこう言うことは出来ませんが、この映画を見ることができて本当に良かったと思います