かや

鉄道員(ぽっぽや)のかやのレビュー・感想・評価

鉄道員(ぽっぽや)(1999年製作の映画)
3.9
不器用で真面目に生きた鉄道員の男の物語。

鉄道員一筋だった幌舞駅の駅長の佐藤乙松(高倉健)。彼は一人娘を病で失い、妻にも先立たれ孤独な生活を送っていた。定年退職の年になり、路線も廃止が決定した年末から正月にかけて、彼に奇跡が訪れる。

現在の生活に合わせて、過去のエピソードを回想で見せ、いかにしてこのような生活になったかを上手に見せている。

恥ずかしながら高倉健さん出演作を観るのは初めて。
内から出てくる格好良さというか、同じ人間として格好良いって感じる。
雪と真っ黒のコートのコントラストが抜群に似合う。

全体的に雪の白が目立つような色彩に加えて、回想シーンもモノクロになっている。

そんな雪景色なのに、見ていて温かくなる素敵な人とのつながり。
そしてちょっとしたファンタジー要素による感動ドラマに涙腺爆発。

そして大天使広末涼子!!
かわいすぎる!!
しかも高倉健と対等なほど輝いていて素晴らしい。


生涯自分の仕事に誇りを持ち、どんなことがあっても仕事を全うしてきた昭和の男。
男として頑張ってきたつもりが、退職寸前になってそれを祝い、認めてくれる家族がおらず、後悔や傷を背負うことになってしまった。
そんな彼は一体過去を振り返り何を思うのか?
泣ける素晴らしい人間ドラマの映画でした。
広末涼子ファンは是非!!