鉄道員(ぽっぽや)の作品情報・感想・評価

「鉄道員(ぽっぽや)」に投稿された感想・評価

Otun

Otunの感想・評価

4.1
何度かこちらのレビューで紹介している後輩と先日また映画談義をしていたところ、高倉健のNo.1映画は何か?、みたいな話題になりました。
んー、そこまで観てないけども、私は『夜叉』『幸福の黄色いハンカチ』あたりかな、と。
すると、彼。
「ボクぁ、幸福の黄色いハンケチは嫌いです。Otunさん、いいですか?主人公の男は、流産した恋人に優しい言葉も掛けず、むしろなじり、一人やけ酒を飲み、挙げ句チンピラとケンカして死なせてしまうんですよ。そのクセ出所したので、もし許してくれんならハンケーチ掲げろとか、ボクぁ納得いきません!」と、なかなかの熱量で私に言いました。
まぁ、確かに言われてみればそーかもしれんが一先ず落ち着きなさいよ若人。
じゃ、お前のNo.1は何なの、と改めて聞いたところ、今作の名前が挙がりました。そんな流れでの、再見。初レビュー『鉄道員(ぽっぽや)』。

うん。やっぱ、健さんですよ。ですよね。
悲しみを言葉に出さず、間合いで。ね。背で泣く、つーのかしら。いいわぁ。雪国がまた似合う。
あ、健さんと言えば、志村のけんさんもいいですよね。筑豊から出稼ぎに来て、現状にやりきれず飲んで暴れた後、食堂の女将さんにお酒を出してもらって、またやりきれなくてうつむいてるけんさんの佇まい。たまらん。

久しぶりの再見でしたが、確かに胸打たれた。
減点要素があるとしたら、現在のシーンから回想のシーンへ行く時の唐突感と言うか。頻度も高いのですが、回想へ自然に行ってくれないと言いますか、観てて気持ちが分断される。あと、これはしょうがないけど、キャストの回想での年齢w。

そして、皆さま言われるヒロスエさんのマジで恋する五秒前芝居。
ここは、うん。いつ観ても残念。自意識が、、、。
でも、まぁ、泣きましたけどね。ほほほ。
学

学の感想・評価

2.5
記録
広末涼子がなんとまぁ、めんこい。
高倉健が高倉健らしい配役で良かった。
ただ今観ると、演出や演技の型がやはり旧く感じてしまった。
Aki

Akiの感想・評価

3.5
納得の名作。

切なさが100%
北海道出身の私としては、懐かしさも100%

見る価値ありです!!
たた

たたの感想・評価

-
あの最期は誰にも真似できない
死に様が生き様か
miporin

miporinの感想・評価

3.8
小学生当時、番宣が激しくて脳裏に焼き付いていたが内容は詳しく知らなかった。
高校生になり現代文の授業で鉄道員を習った際、初めてこんな物語だったのかと知り衝撃を受けた。そして興味を持った。

2011年頃に CS放送で鑑賞し、
今回2019年に再び観る事に。

幻想的な雪景色、仕事(鉄道員)に真っ当に忠実に生きる男の生き様と、その家族や身の回りの人々。なんと儚げで 悲しくて 切ない作品なのだろう。

現代文で内容を知っていたので、ラストシーンまでの流れは知っていたが、改めてそれを感じた時、涙が止まらなくなった。

それまでは淡々と静かな日常が描かれていたのだが、ラストシーンでわんさか泣いた。普段あまり涙を見せない人をも泣かせる、人の心の願いを具現化したような優しく温かい作品だった。

高倉健に父を重ね、高倉健に生きる側の己を重ね、泣きに泣いた一本。

若かりし頃の情景が若くないのは笑ったけど、一人一人の演技に見入ってしまい、とてもいい作品でした。

不器用でも 優しい親父の背中、泣きました。ありがとう 高倉健。

90年代の若かりし安藤政信は別格。

ほろまい〜 ほろまい〜


🌝2019年37本目🌝
Masumi

Masumiの感想・評価

3.6
動画サービスで流し見したからじっくり観たらもっと感動できたんだろうか...。
雰囲気は好きなんだけど、
最後はよめる感じで盛り上がりきれなかった。

でも

久しぶりに観た10代の頃の広末涼子には目が釘付け。
美少女すぎてまぶしい。
柚子

柚子の感想・評価

3.5
廃駅寸前の小さな駅で働く鉄道員の乙松の身に起こる奇跡のような物語。

一人娘を亡くした時も、妻に先立たれた時も彼は鉄道員だった。
働き方改革が推奨される現代と逆行するような彼の生き様は、孤独で悲しくも格好良い。

彼の人生を肯定するような贈り物が感動的で心が温まる。
高倉健さんがより乙松の不器用さ、朴訥さ、真面目さを深めている。
>|