広島カップ

サイレントヒルの広島カップのレビュー・感想・評価

サイレントヒル(2006年製作の映画)
3.3
ヒロインと女性警官、あまりべたべたしない女子二人がペアで魔界に紛れ込むところがこの映画のポイントですね。
そのため恋愛要素一切なし、お互いの助け合い友情物語ウエイト軽量級、人物関係に余計なページを使わなくて済み、怖さのみに集中できました。この辺がゲーム風なのかな?(ゲームやんないもんで)
少し大げさな感じがしますけど意外に美術がイケてます。雪みたいに灰が降ってるのがいいね。それと熱いタールみたいなのを女性警官に吹き掛けたお化け。上半身重心を左右に大きく振って前進しますが、なかなか自然界には居ない動作タイプで気に入りました。