TSUBASA

ナイロビの蜂のTSUBASAのレビュー・感想・評価

ナイロビの蜂(2005年製作の映画)
3.6
アフリカのケニアでの話。

残酷なシーンはないですが
現状のアフリカ問題を鋭く
ついた映画というところでしょうか。
それをドキュメンタリーではなく
主人公の妻の死を探るという
半分サスペンス的要素で
切り開いています。
一言でいえば作り方が
うまいですね!(°_°)

製薬会社は所詮アフリカの
人の命を利益の一つだと
思ってる。これは武器商人も
同じこと。
この二つは人を殺めるのと
人を治す企業ですので
アフリカは格好の餌食になって
しまいます。

自分も大学一年生のときに
現代世界の地域紛争という講義で
アフリカの現代の諸問題について
受講したことがあり
そこに通ずるものがあるなと
感じました。

ストーリーとしては退屈する
かもしれませんが、知っておいた
ほうがいい情報を提示した
映画だと思いました。

あと余談ですがトゥルカナ湖が
出てきたときはおおってなり
ました(笑)