かっつ

殺人の追憶のかっつのレビュー・感想・評価

殺人の追憶(2003年製作の映画)
4.0
誰が言ったか知らないが、言われてみれば確かに思える格言「出口のないトンネルなどない」

いや、ありましたね、ここに。

尊敬する荒木飛呂彦先生(ジョジョの作者)が、殺人鬼は何を考えてるんだってことを考えながら映画を観ると仰ってました。しかし、この映画は殺人鬼が何考えてるか全然分からない。しかもネタバレもしない。しかもしかも追い詰められてなのか分からないけど、殺人の整合性が破綻していってる。

こうなりゃもうなんでもアリでしょ。そりゃソウルからの警察官さんもおかしくなってくるわ。もちろん観てるこっちも!

でもなんか、どうせフィクションって断るなら。誰か仲間が殺されるとか、もっと盛り上げたり、緊張感のある演出が欲しいです。話の筋的にモヤるのは仕方ないんだけどね。ラストのカタルシスがない分、どっかで吐き出せてくれないと気持ち悪いんだよなぁ…イライラ

ともあれその辺のホラーよりよっぽどしんどいのは高評価。そう感じるのは過度な演出がないからだと考えたらバランス上手いのかも。暗闇の続くトンネルに迷い込めるような、心に余裕のあるときに観るべき映画