カタパル

殺人の追憶のカタパルのレビュー・感想・評価

殺人の追憶(2003年製作の映画)
3.2
なんとも評価しにくい映画。映画としては悪くないけど、何を訴えたいのか。ボクにはよくわからなかった。被害者たちはかわいそう。

80年代は日本でも問題のある取り調べも多かったようなので、こんな感じだったんだろうなあと。色々と当時の世情を反映させているんだろうけど、その批判というわけでもなさそう。事件が解決できないもどかしさもわかるし、伝わった。でも、それで?という部分がボクには咀嚼しきれなかったです。

実際の事件をもとにしているので、ある程度縛りがあるのは仕方ない。それにしてもスッキリしない。ソン・ガンホの演技はバツグンで、最後の表情もよかった。