qudan

殺人の追憶のqudanのレビュー・感想・評価

殺人の追憶(2003年製作の映画)
3.5
実際の未解決事件を題材にしていたという事前知識なしに、普通のミステリーのテイで見ていたので、そこまで気持ちは高まらなかった。勿体ないことをしてしまった。

終始「こんな捜査で大丈夫か?」と思っていたが、それが実際の事件のやるせなさを表現していたのか。

クライマックスになってようやく、この作品はミステリーではなく事件に関わった人間の心の動きを描いているのかと気づいたが、時すでに遅し。