殺人の追憶の作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(1館)

殺人の追憶2003年製作の映画)

살인의 추억/MEMORIES OF MURDER

上映日:2004年03月27日

製作国:

上映時間:130分

ジャンル:

あらすじ

「殺人の追憶」に投稿された感想・評価

qudan

qudanの感想・評価

3.5
実際の未解決事件を題材にしていたという事前知識なしに、普通のミステリーのテイで見ていたので、そこまで気持ちは高まらなかった。勿体ないことをしてしまった。

終始「こんな捜査で大丈夫か?」と思っていたが、それが実際の事件のやるせなさを表現していたのか。

クライマックスになってようやく、この作品はミステリーではなく事件に関わった人間の心の動きを描いているのかと気づいたが、時すでに遅し。
Fuko

Fukoの感想・評価

4.0
どこまでも楽しませてくれるポン・ジュノ。緊迫感ひやひや。
実際に韓国で起こった華城連続殺人事件をモチーフにした映画。

1986年の設定だけど、当時の警察って本当にこんなヒドかったの?

捜査もデタラメだし、暴力で無理矢理自白させるし、目の前で容疑者を死なせてしまうし、今から観ると信じられない。

「母なる証明」でもあったが、知的障害者が容疑者になった時は特にヒドくて見ていられなかった。

そういうことも含めて、とても印象的で面白い映画だった。
あや

あやの感想・評価

3.4
ズーン。モヤモヤ。
shimesaba

shimesabaの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

悲しくて悔しくなったけどフィクション化とはいえ、しっかり未解決であることは変えないのがなんか良かったな

刑事たちに感情移入しすぎちゃって捕まらないのは悔しかったけど
このオチとかは好きだな〜と思った

頭脳派の刑事と、体力勝負の刑事の対比
拷問による脅迫に近い自白の問題

重いテーマなんだけど、ソンガンホの演じる刑事がしょうもない連続刑事ドラマ見てたりとか、霊媒師に頼ってたりとか、捕まったと思ったら性癖のおかしいおっさんだったりとか、女性物のパンティー履いてるの見抜いてたりして、え?刑事は直感が命みたいな熱血刑事ドラマオチなの?とか思ったらしっかり違うし、コメディ的な部分もあって楽しく見れた

ユングはめちゃくちゃ力任せ軍人あがりという感じで、腹立たしかったけど、錆びたクギによる破傷風の報復、あそこまで拷問したクァンホにやられるのは何とも皮肉だな、と思った
とは言え、あそこでクァンホが死んでしまうのは何とも胸糞が悪く重い気持ちになった、顔のやけど、きっと癇癪持ちのクァンホに対して親が下した制裁なのか、と思ったけど親には大切にされていたし、ヒョンギュの顔を見て怯え出した彼は、三回も顔を見たというし、殺されはしなかったものの、ヒョンスくが好きすぎて殺害を目の当たりにしてしまったから脅され、やかれたのかな、と思った工場勤務だしヒョンギュ

最初は「目を見ればわかる」と言ってる刑事も最後に「俺にはわからない」
「書類は嘘をつかない」という刑事も「こんなの嘘だ」って言ったり
まさに迷宮入りというか、ここまで事件のピースはそろってるのに、物的証拠が見つからないもどかしさというか しかし、唯一の生存者は顔を見ていない事が理由だった、し最後の女子学生もしっかり犯人の顔を見てた

物的証拠はなくとも人相を重要視しているのが犯人側にも、警察側にもあって、最後のヒョンギュの顔は何を表してるんだろう、拷問への抵抗なのか、顔に見られる事でバレることへの恐怖なのか、何だかわからなくて不思議な気持ち

「普通の顔」なんだけど、村はみんな顔見知りなんだけどな〜とかいろいろ考えて気持ちが重くなった

結局真実はなんだったんだろうな〜こればっかりはなんとも
最初は衝動的な性格がソンガンホにあったのに、最後は感情的になっていつの間にか入れ替わっているのも不思議だった、本当の事件の刑事さんたちの疲弊感的なものの暗示なのかな

マスコミの過剰報道とか、マスコミと警察との癒着とか、社会風刺的なのもあって良かったな

私はとても好きだ〜
やんば

やんばの感想・評価

3.3
大学の授業で見たけれど、授業中に見るようなものではない、、、。
ひたすら恐ろしくおぞましい

そして、昔の警察は拷問のような取り締まりがどこの国でも当たり前だったことを痛感する。

んー、なんで授業中の多数決で、この映画に手あげた人が多かったのか不思議であるが、この映画を見ると色々と考えさせられる。

しばらく心が重くなったそんな作品である。
鑑賞後に実話を基にしていると知り、ラストのソン・ガンホのシーンがさらに印象的になった
KOTO

KOTOの感想・評価

3.8
俺はもうわからない。
>|