くずみ

豪姫のくずみのレビュー・感想・評価

豪姫(1992年製作の映画)
3.5
妥協なき物フェチ映画。能楽、茶の湯、立花に通底する、室町由来の美意識が画面を支配する。途中は「ちょっとした工夫で豊かに!DIYな山暮らし」になっとるが。
この時点の宮沢りえはまだ、茶道具と同じ美しいモノでしかない。今の彼女がこういう仕事をする監督に巡り会えることを願う。