wiggling

恋する惑星のwigglingのレビュー・感想・評価

恋する惑星(1994年製作の映画)
-
爆音映画祭2015 in福岡にて。
今回のラインナップでいちばん意外だったプログラム。そして一番の客入り、みんな美男美女の恋愛映画が好きなんだなぁ。

本作は音楽映画的な面もあるから、確かに爆音向きとはいえますね。「夢のカリフォルニア」が大音量で鳴り響くお店がいかに奇異なのかも実感できた。あんな店は嫌だ(笑。

それと旧空港が街中にあった頃の風景や街の音が記録されているという点では貴重な映画といえるのかも。新空港が1998年開港だから、たぶんその最後の姿ですよね。ストーリー的にも空港が重要なキーになってるし、監督には明確な意図があったのかもしれない。

しかし、恋愛のことで頭が一杯の男(金城武)とか、ヌイグルミに恋愛相談する男(トニー・レオン)とか、女性の目から見てどうなんすかね?これもいわゆる「ただしイケメンに限る」ってやつ?この世は不公平だらけだよなぁ。
まぁ、フェイ・ウォンのサービスショットに鼻の下を伸ばしてる奴にそんな事言う資格ないか。