踊る猫

踊る猫の感想・レビュー

恋する惑星(1994年製作の映画)
3.4
これは「言い訳」でしかないが、私は自分が発達障害者だからか顔つきの見分けがなかなかつかない。だから前半のストーリーと後半のストーリーは男女ふたりがそれぞれ同一人物を「変装」したりして演じているのだろうか……とずっと疑問に思っていたのだった。繋がりがないことが分かるとこの映画は「誰か」を描きたいわけではなく「恋」を描きたいのだと分かって、それでスッキリしたようなしなかったような……色彩美や手ブレの生々しいカメラワーク、ノワールな雰囲気やフェイ・ウォンのチャーミングさと音楽の使い方の巧みさにやられたのだけれど、これが私の限界なのだけど「スジ」としては前半の説得力がどうもなあ、ふたつの物語を「無理に」繋いだような……と納得が行かず。後半のストーリーの甘さでハッピー・エンドをもたらしていることは分かるのだが、雰囲気に酔えなければ楽しめまい。人を選ぶ映画なのだろう。私は選ばれなかったわけだ。