にいにい

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望のにいにいのレビュー・感想・評価

4.0
ご多分に漏れず我が家でも始まりましたスター・ウォーズ再鑑賞会。エピソードⅣ→Ⅵを観てⅠ→Ⅲを観る劇場公開順で行きます。

過去に何度か観ているスター・ウォーズシリーズだが熱狂的なファンが生まれるのもよく分かる。当時は最先端であっただろう映像は今観てもそこまで違和感なく観られる。もうこんなの70年代に観てたら自分にもフォースが覚醒したんちゃうか!?思うだろうな。

ストーリーは極めて王道で本作はザ・3部作の1作目!!といった感じ。それでもここまでの人気が出たのはやはり世界観とキャラに尽きるのではないか。C3POとR2D2にハン・ソロ&チューバッカ、ルーク坊やにゴリラ姫と出てくるのは魅力的なキャラばかりだ。それは敵もしかり。各惑星に出てくる様々な種族もそれぞれ特徴的なルックスで観ていて飽きないし、より深くこの世界を知りたくなるのもよく分かる。

銃撃戦が野暮ったかったり(クローン兵がドジっ子で可愛い)ライトセーバー戦がしょぼっかったりもするけれど、いつ観てもワクワクさせられる。旧三部作は冒険感が出ていていいね(タイトルにもなっている戦争感はあまりないけど)

※尋常じゃないスピードで閉まる自動ドアにも注目あれ。