スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望の作品情報・感想・評価

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望1977年製作の映画)

Star Wars Episode IV: A New Hope

製作国:

上映時間:121分

3.8

「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」に投稿された感想・評価

遠い昔、はるか彼方の銀河系で・・・・・

ジョン・ウィリアムズの勇壮なテーマ曲が鳴り響き、バーン!!とタイトルがインサートされるオープニングだけで5.0点!
これだけで本作が只者ではない事がわかる。
これ以上に高揚する始まりがあるだろうか?
いや、ない!
それほどまでにパーフェクトなのだ。
これ以上、書くまでもなく「スターウォーズ epⅣ」は傑作である。まさに理力(フォース)と共にあるような伝説の映画だ。

クライマックスとなるデススター攻略戦の迫力を見よ。
あれほどのローテクで撮られているというのに、現在(いま)鑑賞しても最高にアドレナリンが放出される出来栄えではないか。凄いとしかいいようがない。
そこには確実に、イマジネーションの宇宙がひろがっている。

若い年齢層にはピンとこないかもしれないが、70年代に本作が製作されたこと自体が奇跡的な事件であり、人類史に残すべきものなのである。
だからこそ、蘇った竜によって世界が滅ぼされる映画「サラマンダー」に於いて、子供たちに語り継がなければならない文化として「スターウォーズ」が引用されているのだ。

それまでにもSF映画はゴマンとあった。
しかし、「スターウォーズ」は無かった。
「スターウォーズ」が一夜にしてすべてを変えた。
既存のSFやファンタジーは多種多様に存在したが、視覚的に世界観を表現し、SFとファンタジーの融合に最も成功したのが「スターウォーズ」に他ならない。

先日も、リアル「ファンボーイズ」ともいうべきニュースが世界中を駆け巡った。
末期ガンに侵されたスターウォーズファンが「フォースの覚醒」を旅立つ前に観たいと熱望、それが現実となったニュースである。
一人の人間の最後の願いが「スターウォーズの新作を観たい」という、この事実。
我々に与える「スターウォーズ」の影響力は、フォースが秘めた力以上に計り知れない。

劇場公開当時、チャイニーズシアターに群がる人々をみて、ジョージ・ルーカスは「あんなに人が集まっているなんて羨ましい映画だなあ」などと呑気な事を思っていたそうだが、それはあんたが作った映画に群がっている熱狂的な群衆だったのだ。先行きの見えない時代の閉塞感に蝕まれつつあった人々は、映画にアメリカンニューシネマのような「悲壮な現実」を求めなくなっていた。
銀河を舞台にした壮大なサクセスストーリーや、自由を求める革命叙事詩を欲していたのだ。

現在も変わらず、不透明な閉塞感が世界を取り囲んでいる。
そんな時代に人々が求める映画は、やはり「スターウォーズ」なのである。
ルーカスの手を離れ、新時代へと受け継がれた、新たなる神話の幕が上がろうとしている。

さあ、内なるフォースを呼び起こせ!


テレビ放映、レンタルDVD、セル・ブルーレイにて
剣道的なアレは、向こうの人が見たらカッコいいのかな、知らん。
なんだかんだで123よりスッと見れた。技術の向上と噛み合わない監督なのかもしれない。いや多分ワイプ演出が古臭いのでこっちのが違和感ないだけか
ひ

ひの感想・評価

3.5
記録
atsuko

atsukoの感想・評価

4.0
すべてのはじまり〜
oharu

oharuの感想・評価

-
ローグワン観た後に
もう一回観たくて、久しぶりにⅣ

若さ溢れてて なんかびっくりしたし
ひたすら かっこいいオビワンを拝んでた。

Ⅳは 酒場のシーンの音楽が
楽しいし最高〜
MiYA

MiYAの感想・評価

4.5
「金曜ロードショー」にて久々の視聴。やっぱり、ロボットや宇宙人のキャラクターの魅力といい、起伏のあるストーリーといい、やはりよく出来ている。終盤のデススターを攻撃する場面がちょっと長いと感じるぐらいで、およそ欠点はないですね。とりわけ「邪悪な大人に反抗する無垢な少年」というフォーマットが日本人は大好きなので、これはツボですよ。

続編も繰り返し見ていて色々混同しているのですが、本作ではダースベーダーの正体もルークやレイアの出自は明らかにされていないんですね。続編が作られる予定が最初からあったのかはわかりませんが、あれが後付けの設定だとしたら、そりゃすごい話で。
きっぴ

きっぴの感想・評価

4.0
ドロイドコンビ本当に可愛い
何気なく見たらハマってしまって一気見だった
>|