スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望の作品情報・感想・評価

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望1977年製作の映画)

Star Wars Episode IV: A New Hope

製作国:

上映時間:121分

3.8

「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」に投稿された感想・評価

遠い昔、はるか彼方の銀河系で・・・・・

ジョン・ウィリアムズの勇壮なテーマ曲が鳴り響き、バーン!!とタイトルがインサートされるオープニングだけで5.0点!
これだけで本作が只者ではない事がわかる。
これ以上に高揚する始まりがあるだろうか?
いや、ない!
それほどまでにパーフェクトなのだ。
これ以上、書くまでもなく「スターウォーズ epⅣ」は傑作である。まさに理力(フォース)と共にあるような伝説の映画だ。

クライマックスとなるデススター攻略戦の迫力を見よ。
あれほどのローテクで撮られているというのに、現在(いま)鑑賞しても最高にアドレナリンが放出される出来栄えではないか。凄いとしかいいようがない。
そこには確実に、イマジネーションの宇宙がひろがっている。

若い年齢層にはピンとこないかもしれないが、70年代に本作が製作されたこと自体が奇跡的な事件であり、人類史に残すべきものなのである。
だからこそ、蘇った竜によって世界が滅ぼされる映画「サラマンダー」に於いて、子供たちに語り継がなければならない文化として「スターウォーズ」が引用されているのだ。

それまでにもSF映画はゴマンとあった。
しかし、「スターウォーズ」は無かった。
「スターウォーズ」が一夜にしてすべてを変えた。
既存のSFやファンタジーは多種多様に存在したが、視覚的に世界観を表現し、SFとファンタジーの融合に最も成功したのが「スターウォーズ」に他ならない。

先日も、リアル「ファンボーイズ」ともいうべきニュースが世界中を駆け巡った。
末期ガンに侵されたスターウォーズファンが「フォースの覚醒」を旅立つ前に観たいと熱望、それが現実となったニュースである。
一人の人間の最後の願いが「スターウォーズの新作を観たい」という、この事実。
我々に与える「スターウォーズ」の影響力は、フォースが秘めた力以上に計り知れない。

劇場公開当時、チャイニーズシアターに群がる人々をみて、ジョージ・ルーカスは「あんなに人が集まっているなんて羨ましい映画だなあ」などと呑気な事を思っていたそうだが、それはあんたが作った映画に群がっている熱狂的な群衆だったのだ。先行きの見えない時代の閉塞感に蝕まれつつあった人々は、映画にアメリカンニューシネマのような「悲壮な現実」を求めなくなっていた。
銀河を舞台にした壮大なサクセスストーリーや、自由を求める革命叙事詩を欲していたのだ。

現在も変わらず、不透明な閉塞感が世界を取り囲んでいる。
そんな時代に人々が求める映画は、やはり「スターウォーズ」なのである。
ルーカスの手を離れ、新時代へと受け継がれた、新たなる神話の幕が上がろうとしている。

さあ、内なるフォースを呼び起こせ!


テレビ放映、レンタルDVD、セル・ブルーレイにて
これがスターウォーズかー。
テンポがめちゃめちゃ早いから変に考えないで観るのが楽。
一々説明がないのが昔の特撮みたいなノリに似てるかな。
きょ

きょの感想・評価

3.5
エピソード8観る前に観直した。

改めてちゃんと観ると、一つの映画としては大したことない気がする。
説明的というか、かなりわかりやすいので、誰がどうなって何がどうなったかということがわかれば、あえてこの映画を観る必要性も感じない。
ただこれは今の良質なエンターテイメントにあふれた環境に慣れて麻痺してしまった結果の感想かもしれないし、公開当時初めて観た人たちはきっとありえんほど興奮したに違いない。
最初の時点で人気キャラクターがすでにたくさんいることに感動する。
なんといってもキャラクターが魅力的なのは大きい。
思ったよりちゃっちさも感じなかった。

5、6、1、2もちゃんと観直したくなった。
ゆき

ゆきの感想・評価

4.1
スターウォーズシリーズ初鑑賞
何故もっと早く観なかったのかと後悔するほど良い作品でした^ ^
R2-D2が可愛い!
20180121 NHKBS録画(2010.7.20録画分)

驚愕のアメリカン・パワー

40年後の辺鄙な極東で見返しても、あらゆる面で現在のスタンダードが凝縮されているこの恐ろしさときたら・・・

かつてない喧噪にある『最後のジェダイ』に向けての一気復習 まずはEP4~6までデス
そうそう活劇・活劇・活劇なんだ
前段の後続EPとのシームレスさも脱帽
ファーストシーンの噴射口から、いきなり繋がってるー!!!ってなって
叔父叔母の含んだトーン、マジックアワーにたたずむ姿
星一番の飛行機乗りをパパ・アナキンが追いかけるところなんて、
これをムネアツと言わずなんと言うというくらいでもう・・・
(反乱軍の作戦mtgのフォース締めは???)
こんな戦いは勇気とは言わず自殺行為だっていうのが染みてくんだよねーー後々

かつ、オリジナルの強み コピー元の数々
鼻っ柱の強い女・正義感で突っ走る若僧・金ロボと砂漠・映画史上最強ハッキングドロイド・反乱軍と緑の惑星・部族虐殺・惑星爆破・落下
特に印象的だったのは赤光りするベイダー卿

SWみてアビチャッポン!!!!ってなるとは・・・
またデス・スター壊すんですかね?
あと一度でいいから、イジる前のVr見てみたい
マ

マの感想・評価

4.2
記録
Chika

Chikaの感想・評価

2.0
もう1回見たい
ローグワンから続けてみたい
>|