スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望の作品情報・感想・評価

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望1977年製作の映画)

Star Wars Episode IV: A New Hope

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.8

「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」に投稿された感想・評価

遠い昔、はるか彼方の銀河系で・・・・・

ジョン・ウィリアムズの勇壮なテーマ曲が鳴り響き、バーン!!とタイトルがインサートされるオープニングだけで5.0点!
これだけで本作が只者ではない事がわかる。
これ以上に高揚する始まりがあるだろうか?
いや、ない!
それほどまでにパーフェクトなのだ。
これ以上、書くまでもなく「スターウォーズ epⅣ」は傑作である。まさに理力(フォース)と共にあるような伝説の映画だ。

クライマックスとなるデススター攻略戦の迫力を見よ。
あれほどのローテクで撮られているというのに、現在(いま)鑑賞しても最高にアドレナリンが放出される出来栄えではないか。凄いとしかいいようがない。
そこには確実に、イマジネーションの宇宙がひろがっている。

若い年齢層にはピンとこないかもしれないが、70年代に本作が製作されたこと自体が奇跡的な事件であり、人類史に残すべきものなのである。
だからこそ、蘇った竜によって世界が滅ぼされる映画「サラマンダー」に於いて、子供たちに語り継がなければならない文化として「スターウォーズ」が引用されているのだ。

それまでにもSF映画はゴマンとあった。
しかし、「スターウォーズ」は無かった。
「スターウォーズ」が一夜にしてすべてを変えた。
既存のSFやファンタジーは多種多様に存在したが、視覚的に世界観を表現し、SFとファンタジーの融合に最も成功したのが「スターウォーズ」に他ならない。

先日も、リアル「ファンボーイズ」ともいうべきニュースが世界中を駆け巡った。
末期ガンに侵されたスターウォーズファンが「フォースの覚醒」を旅立つ前に観たいと熱望、それが現実となったニュースである。
一人の人間の最後の願いが「スターウォーズの新作を観たい」という、この事実。
我々に与える「スターウォーズ」の影響力は、フォースが秘めた力以上に計り知れない。

劇場公開当時、チャイニーズシアターに群がる人々をみて、ジョージ・ルーカスは「あんなに人が集まっているなんて羨ましい映画だなあ」などと呑気な事を思っていたそうだが、それはあんたが作った映画に群がっている熱狂的な群衆だったのだ。先行きの見えない時代の閉塞感に蝕まれつつあった人々は、映画にアメリカンニューシネマのような「悲壮な現実」を求めなくなっていた。
銀河を舞台にした壮大なサクセスストーリーや、自由を求める革命叙事詩を欲していたのだ。

現在も変わらず、不透明な閉塞感が世界を取り囲んでいる。
そんな時代に人々が求める映画は、やはり「スターウォーズ」なのである。
ルーカスの手を離れ、新時代へと受け継がれた、新たなる神話の幕が上がろうとしている。

さあ、内なるフォースを呼び起こせ!


テレビ放映、レンタルDVD、セル・ブルーレイにて
たくみ

たくみの感想・評価

3.8
よい
小学生の頃に鑑賞
エピソード4からの公開で鑑賞者をここまで魅力し歴史に残る大作を作ったジョージルーカスに脱帽。

May the force whit you~
ktrmrt

ktrmrtの感想・評価

4.0
はまれなそうだしシリーズ多すぎで避けてたけどおもしろかった。

「今さらスターウォーズを見ようと思うんだがなにから見ればいい?」と友達に聞いたところ、素直に公開順に見ればいい、というアドバイスを受けました。

率直に、たまらん。とてもおもしろかった、、!今まで見てなかった自分を恥じるばかりです。

全てのキャラクターが愛おしい。音楽がたまらん。

1977年の映画ということで、今の映画技術を見慣れてる自分が映像技術的な問題でガッカリしないかなぁ、、と不安でした。
場面の転換の感じはとても時代を感じましたね笑
再撮影したり、CGでいろいろやってるみたいですね。(もはやオリジナルとはかけ離れているらしい、、?)
どうりで違和感のない映像が多かったわけで笑

ストーリーは王道な展開なんですがやっぱりハラハラドキドキ、次の展開をどんどん期待させてくれる。楽しかった、、!

僕の家にもドロイド達来てほしいな、、
banchou

banchouの感想・評価

3.5
新作上映に向けて復習その1
Kubric

Kubricの感想・評価

4.7
無事に「最後のジェダイ」プレミア前夜祭の争奪戦を生き延びたのでとにかく待ち遠しい「スター・ウォーズ」。前日はライアン・ジョンソンが新たに新三部作の製作を発表してやや複雑な気持ちながらも、ここ連続で作られるスター・ウォーズの世界はどれもクオリティが高いしチープじゃない。しかもライアン・ジョンソンが描くのはスカイウォーカーの物語ではなく、全く新しい銀河の彼方を舞台にするのだからワクワクする。記念すべき第1作のレビューの前に余談だが、製作当時は若者だらけのまさにローグ・ワンな無謀なクリエイターたちがILMに属していた。ILMの特撮・CGはいまや誰もが認めるが、「フォースの覚醒」のスタッフにはこの1作目を見て育ち、そしてILMで働きいまや新作の世界を構築している。世代を超えて愛されている、という言葉があるなら「スター・ウォーズ 新たなる希望」はまさにそれ。
「こんなゲテモノ売れねぇよ」とバッサリだったブライアン・デ・パルマ、「これはやばい」と成功を確信していたジョージ・ルーカスの盟友スティーブン・スピルバーグ。「2001年宇宙の旅」以来、SFショックが蔓延しもはやSF映画とは低俗だとされた時代にこの映画はまさに事件だった。フラッシュ・ゴードンから始まったこの映画はジョージ・ルーカスだけでなく他のスタッフたちも疑問を持ちながら作っていた。ヘンテコなキャラクターたちが多い変な映画〜なんて陰口叩かれた若者たち。
でも大衆は娯楽に飢えていたわけであり、劇場公開版を見れば判る通りオープニングから圧倒的、壮大な銀河を舞台にしたドラマがそこにはあった。いま殆ど映像処理されて綺麗になったエピソード4だが、本当に劇場公開版は特撮の血反吐吐いてまで出来た感じがいい。
ルーカスは創設者としてこの映画を支えて、いまこうしてバトンが渡っていることは寂しいことだが同時にこの一作目がいかに巨大な存在かがわかる。
ライトセーバー、タイファイターとXウィング、そして手に汗握るドラマ。アナーキーな登場人物と絶対的正義と悪のわかりやすさ、痛快、爽快、映画のすべて詰まっているんじゃないかと。
総評として壮大なサーガの原点となった「スター・ウォーズ 新たなる希望」はぼくたちを確実にワクワクさせる。
何度見ても「スター・ウォーズ」っていいなって思わせてくれる。それが凄いのだ。
piccolo304

piccolo304の感想・評価

5.0
記念すべき第1作。すべてはここから始まった。
何度見てもおもしろい。何も考えずに映画に夢中になれます。
映像も音楽もすべてが文句なしです。特撮技術も40年前の映画なのにあまり古くさく感じないし、音楽も名曲だらけです。
改めて鑑賞して思ったのは、R2と3POがきたない。(いい意味で)こんなに汚れてたっけと思いました。最後にピカピカになりますが。
ダースベイダーとオビワンのライトセーバー戦も味わい深いものがありますし、ラストの宇宙戦もわくわくします。いまだにスターウォーズではこの宇宙戦を超えるものがないので新作には期待したいところです。
ルーク、ハンソロ、レイアこのトリオが最高です。そこにオビワン、チューイ、R2D2とC3PO、そしてダースベイダー、これこそスターウォーズです。
この映画を生み出したジョージ・ルーカスは偉大ですが、フランチャイズの権利を全部持ってたというのがすごい。そりゃ、おもちゃほしくなりますよ。
一度は大きい画面で見てみたいのでリバイバル上映お願いします。
栞

栞の感想・評価

3.8
これだけ有名な映画だけど初めてちゃんと観た。
スターウォーズ好きな先輩のオススメで、公開順で。

ディズニーランドのスターツアーズ!!!って感想が一番に出ちゃう。

古い映画だから映像とかやっぱりチープに感じる部分がたくさんあるけど、それでもすごい。

事前知識がほぼほぼ無いので話が難しいとこはあったけど、面白かった。
映画界に革命を起こした一大スペクタクルの記念すべき第1作目
時代の先駆者であるがために良くも悪くも以後の映画の"スタンダード"となってしまったスターウォーズシリーズだが、それでも今なお多くの人の心を掴んで離さない名作(SWファンの数はキリスト教徒数を圧倒するんだとか)
キャラデザもメカデザもテーマソングも効果音も抜群のセンス、特にライトセーバーは男子の永遠の憧れ
SFXめっちゃ頑張ってる
リアルタイム世代に生まれたかった
ラストジェダイ公開も近づいているわけだしリヴァイヴァル上映して欲しいと心から思っている
May the Force be with you!
公開順ではなく、エピソード順で観ると、30年以上前の為仕方がないが、CGなどにに物凄いレトロ感を感じる。
ストーリーは単純明快なシンプルな内容で、何も考えず観れる。
>|