スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望の作品情報・感想・評価

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望1977年製作の映画)

Star Wars Episode IV: A New Hope

製作国:

上映時間:121分

3.8

「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」に投稿された感想・評価

遠い昔、はるか彼方の銀河系で・・・・・

ジョン・ウィリアムズの勇壮なテーマ曲が鳴り響き、バーン!!とタイトルがインサートされるオープニングだけで5.0点!
これだけで本作が只者ではない事がわかる。
これ以上に高揚する始まりがあるだろうか?
いや、ない!
それほどまでにパーフェクトなのだ。
これ以上、書くまでもなく「スターウォーズ epⅣ」は傑作である。まさに理力(フォース)と共にあるような伝説の映画だ。

クライマックスとなるデススター攻略戦の迫力を見よ。
あれほどのローテクで撮られているというのに、現在(いま)鑑賞しても最高にアドレナリンが放出される出来栄えではないか。凄いとしかいいようがない。
そこには確実に、イマジネーションの宇宙がひろがっている。

若い年齢層にはピンとこないかもしれないが、70年代に本作が製作されたこと自体が奇跡的な事件であり、人類史に残すべきものなのである。
だからこそ、蘇った竜によって世界が滅ぼされる映画「サラマンダー」に於いて、子供たちに語り継がなければならない文化として「スターウォーズ」が引用されているのだ。

それまでにもSF映画はゴマンとあった。
しかし、「スターウォーズ」は無かった。
「スターウォーズ」が一夜にしてすべてを変えた。
既存のSFやファンタジーは多種多様に存在したが、視覚的に世界観を表現し、SFとファンタジーの融合に最も成功したのが「スターウォーズ」に他ならない。

先日も、リアル「ファンボーイズ」ともいうべきニュースが世界中を駆け巡った。
末期ガンに侵されたスターウォーズファンが「フォースの覚醒」を旅立つ前に観たいと熱望、それが現実となったニュースである。
一人の人間の最後の願いが「スターウォーズの新作を観たい」という、この事実。
我々に与える「スターウォーズ」の影響力は、フォースが秘めた力以上に計り知れない。

劇場公開当時、チャイニーズシアターに群がる人々をみて、ジョージ・ルーカスは「あんなに人が集まっているなんて羨ましい映画だなあ」などと呑気な事を思っていたそうだが、それはあんたが作った映画に群がっている熱狂的な群衆だったのだ。先行きの見えない時代の閉塞感に蝕まれつつあった人々は、映画にアメリカンニューシネマのような「悲壮な現実」を求めなくなっていた。
銀河を舞台にした壮大なサクセスストーリーや、自由を求める革命叙事詩を欲していたのだ。

現在も変わらず、不透明な閉塞感が世界を取り囲んでいる。
そんな時代に人々が求める映画は、やはり「スターウォーズ」なのである。
ルーカスの手を離れ、新時代へと受け継がれた、新たなる神話の幕が上がろうとしている。

さあ、内なるフォースを呼び起こせ!


テレビ放映、レンタルDVD、セル・ブルーレイにて
かな

かなの感想・評価

4.5
数年前に見たときはストーリーを理解できずに断念してしまい、スターウォーズは私の好みに合わないと思っていた。
テレビで放送していたため、もう一度ちゃんと見てみようと思い見始めたらあっという間に映画が終わっていた。私が生まれる20年以上前の作品でもちろん映像技術などは古いが、それを感じさせないストーリーの面白さ。各所に散りばめられた伏線。現在までシリーズが続く理由が分かった。今、この映画の面白さに気づくことができて良かった。まだまだ理解していない部分も伏線も沢山あるが新鮮な気持ちでシリーズが見れるかと思うとわくわくする。
記憶がない
CUT

CUTの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

これ見返したのエピⅦ公開2か月くらい前だったから、レンタルするのにかなり苦戦したんですけど、思ってたより乗れなくてちょっと残念でした。
楽しめたんだけども。レンタルまでに疲れたから期待値高くなっちゃってたんですかね。笑

やっぱずっと前の映画はさっぱり終わってくれて、グダグダ引き伸ばさないで良いですね。


冒頭、あの有名な、文字が手前から奥に流れていくあらすじが終わった後。
あれの直後に帝国軍の戦闘母艦が出てくるシーンが、今見ても迫力ある。大きさが伝わってきて良かった。作品のスケールも表してるような気もした。

クライマックスでルークが自動照準を外した時、本部の人達は「こいつ何言ってんだ・・・俺たちもう
終わりだ・・・」って絶望感あったと思う(笑)
これで最後!って場面でついこの間入隊してきたやつの直感を信じられないと思う、普通は。

ってか、この作戦自体にまず疑問を持つべき。
幅2メートルの穴にミサイル打ち込むってめっっっっちゃ難しいのに、その難易度についてさほど反論出ないし議論されてるシーンも無い。
「2メートルだってよ。」「故郷で似たようなのやった事あるぜ。」ぐらいの会話しか無かった。

まあそれしか無いってぐらい切羽詰まった状態だったのかもしれないけど。笑


いや映画的には全然それぐらいでいいし、難しいミッションて感じが良いです!
独り言

独り言の感想・評価

5.0
感想はEP6にまとめて
Itsuki

Itsukiの感想・評価

4.0

スターウォーズ、エピソードⅣ。伝説の始まり。

王道に面白い!スターウォーズは伏線が丁寧に散りばめられているのでファンになればなるほどより好きになる、楽しいコンテンツですね。おそらくスターウォーズファンからの一番の支持を得ているのはこのエピソードⅣでしょう。とりわけ残念なところもなく、時代を見てもクオリティは超一級。下手にCGを使いすぎないところも◎。伝説の映画である所以です。

なぜ☆:4.0なのかは、おそらく目がもう映像技術的に肥えているから。わかっていてももう少しハイクオリティを見て見たいと思ってしまいます。だからといってリメイクしだすとそれは違うって言ってしまうでしょうが。笑
ハン・ソロみたので見直し!
chiyomi

chiyomiの感想・評価

4.7
Huluで無料配信されていたので鑑賞。何回も観てるけど、2018年上映の『ハン・ソロ』鑑賞後また観たくなりました。ルークがR2D2とC3PO、オビワンとハン・ソロ、そして、レイヤ姫と出会い帝国軍と戦う。「フォースと共にあれ」
比べるとこの頃のハン・ソロ似てました!
Miki

Mikiの感想・評価

3.0
なんか、レイア嫌いなんですけどー!!!
ルーカスとアナキンが面影があるっていうか、いい人選したなって思った。作られたのは昔だけど、古さはあんま感じなくてそこら辺工夫して新三部も作ったんだろうなって。
Tomoka

Tomokaの感想・評価

-
フォースの覚醒だけ見たことあるけど自分にはやっぱりハマらないかも、、
とりあえず公開順にと思ってⅣを鑑賞したけど、続きも見たらどんどん入り込むやつかな
>|