スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望の作品情報・感想・評価

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望1977年製作の映画)

Star Wars Episode IV: A New Hope

製作国:

上映時間:121分

3.8

「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」に投稿された感想・評価

新三部作からスター・ウォーズにハマったので、旧三部作は映像や演出がかなり古く感じる。

ただ、映画としては最高!

『ローグワン』を観た後だと、更に楽しめる。

名作過ぎて鼻血出るレベル。
zak

zakの感想・評価

3.8
もうね、重い腰をようやく上げて観たって感じですよ。
お前まだ観てへんのかい!って感じですよ。
最新作公開されたのに、まだ1作目かい!って感じですよ。(厳密に言うと4作目)

この時代の作品だからなのか、説明不要で感傷に浸る間もなく、ガンガンストーリーすすんでいきます。
テンポがいいと言うか、潔いと言うか。

ハッキリ言ってちょっと古臭いっス。でも40年ぐらい前の作品と思うとスゴイっすよね!?

勧善懲悪でハラハラドキドキワクワク少年たち大好きな話ですよ。
子どもの時観てたら間違いなく〝ごっこ〟してますよ。

結局フォースとは何なのか?
ガンダムで言うところのニュータイプ的な感じなんですかね?(違うか。初心者なんでご勘弁を)

とりあえずハリソンフォードめっちゃ若っ!って感じでした(笑)

【追記】
その後、新作に追いつくべく、字幕版でCM挟まず再鑑賞したら初見よりもはるかに面白くて評価上がりました。やはり吹替は苦手…σ(^_^;)
レイア姫は相変わらずでしたけど。(笑)
NANA

NANAの感想・評価

4.0
R2-D2が死ぬほどかわいい。

このレビューはネタバレを含みます

この時代にこのレベルの映画つくるのすごい。

帝国軍から奪った要塞デス・スターの設計図をレイア姫から受け取って逃げたC-3POとR2-D2は、たどり着いた星で早速捕まるけどルークに買われ、その地で目当てのベン・ケノービ(オビ=ワン・ケノービ)に会う。一緒に戦うためオルデラーン行きを誘われて断ったルークだったけど、R2-D2たちを追ってきた帝国軍が叔父叔母を殺したことをきっかけにジェダイになる。

港ではチューバッカとハン・ソロの船を借り、オルデラーンを目指すも、帝国軍に吹き飛ばされたあとだった。そしてルークたちはそのまま帝国軍の要塞に引き込まれる。なんとか見つからずに済み、牽引を切るためにベンが一人で出て行くが、ルークたちはレイア姫が捕まってることを知り、助けに向かう。ゴミシューターのとこと、ダースベイダーとオビ=ワンが戦ってるとこのグダグダ感は否めん。オビ=ワンはわざと(?)殺られて消えちゃって、ルークたちは無事逃げる。

反乱軍の基地に着き、設計図をもとに要塞の弱点をつかんで攻撃を仕掛けるが、ダースベイダーもお強い。ハン・ソロが戻ってきてくれたことにより基地が吹き飛ぶすんでのところで要塞を吹き飛ばすけど、ダースベイダーがまだ生き残ってるから今後復讐してきそう。

「フォースはいつも君と共にある」って聞いたことあるな〜と思ったら初っ端から言われるのね〜☺途中までは見たことあるけど、全部見たのははじめて。話難しそう。
ばっち

ばっちの感想・評価

1.2
なぜか4からみてる
>|