サウナー

サインのサウナーのレビュー・感想・評価

サイン(2002年製作の映画)
3.8
不気味不気味不気味

見えそうで見えない、袋とじのような演出、やっぱりこの手の話は本体が見える前までが面白いっすね。

この映画からのサインは

第一のサイン
舞台はトウモロコシ畑のなかのポツンとした一軒家と家族。
私が初めて映画をみて涙したのは小学校3,4年でみた『フィールドオブドリームス』誰が出ていたか、何に感動したのかは一切覚えていないが、同じトウモロコシ畑に見えた。

第二のサイン
19歳頃に異様にミステリーサークルのデザインにドはまりして、写真集やネットで画像を集めて、Illustratorというソフトで模写していた。描いてわかった事は1:1.618の黄金比で描かれていること。
人間が美しいと感じる比率が使われるということは描いているのは人間か?

第三のサイン
私は夢が異様に好きだけど、年のせいか夢を見れなくなってきている。見てても覚えていない、
昨日みた2つの夢は明確に覚えている

①昔の実家の部屋でキューブリックDVDBOXを発見未開封状態、3つのDVDが入っており
1.キューブリック・メイキング集
2.黒澤明の影武者
3.不明
何故黒澤?と思ったけどメイキングを再生すると何故か上白石萌音がダイジェストに写っており、その後彼女の演技指導が始まる。顔のパーツを自在に動かす上白石萌音、思わず化物め、、と呟いてた
②見たことない子だけど、俺はその子の彼氏らしく、一人でその子の実家に挨拶に行くことにチャイムを鳴らすと、お父さん、二十歳ぐらいの弟、6歳ぐらいの弟の3人がお出迎え、なんかシャマランぽい
早々に挨拶を済ませて何故かキッチンに向かい冷蔵庫をあけ、冷蔵庫の中に小便をするオレ
やべーと我に帰り台ふきんで冷蔵庫を拭く
ここで目を覚ました。

これらのサインは何を意味しているのか?