キミシマムザ裕君

僕らのミライへ逆回転のキミシマムザ裕君のレビュー・感想・評価

僕らのミライへ逆回転(2008年製作の映画)
3.8
レンタルビデオ店の留守番を任されたマイクの元に友人ジェリーがやってくるがとある原因で店内のビデオの映像の中身が全てなくなってしまう!彼らは自らその映画のリメイクを撮り始めるが…

『スクールオブロック』のジャックブラック主演のコメディ映画。
まぴおさんのレビューを読んで観たくなったので鑑賞。


やはり映画好きには見て欲しい作品だった。
このアプリをやってる方々は皆嫌いになれないんじゃないだろうか?
レンタル店の映画の中身が全部消えてしまった!?
じゃあ俺たちで作るしかないぜ!!
というびっくりするような発想で作っていくリメイク版の映画たち。『ゴーストバスターズ』『ラッシュアワー2』辺りから始まって『ロボコップ』にSFカルト名作『2001年宇宙の旅』、そしてアニメ傑作『ライオンキング』まで彼らにかかればなんてことはない。
予算は超チープで上映時間も20分ほどしかないのに何故か人気が出ていく彼ら版のリメイク。その人気にはきっと”映画愛”があるんだろうなぁと思った。
もちろん今上げた映画以外にも沢山リメイクをしているので映画知識があればあるほど楽しめる。なくても雰囲気で楽しめるようになっている。
ただ邦題はあんまり合ってないような気がするんだが…

主演のジャックブラックは相変わらずだ。
今回は得意の歌声はそこまで聞かせてもらないがその分もうひとつの武器である顔芸を存分に発揮している。様々なコスチュームに身を包んだ彼を見れるという意味ではファンは必見かも?
レンタル店のマイクはモスデフ。
『16ブロック』や『銀河ヒッチハイクガイド』など映画出演の多いラッパー。愛らしい顔はどこかドンキーコングの弟分ディーディーコングに似ている気がするけども誰も共感はしてくれなさそう(笑)
あとさりげなく申し訳程度のシガニーウィーバーが出演。この配役の理由はよくわからない。

途中までコメディ路線を突っ切っているくせに後半で少し泣かせてくる演出は悔しいが感動した。
映画を見ている時の視聴者の楽しそうな顔を見れるだけでなんとも幸せな気分になれる映画はなかなかない。
最後のシーンの人々の笑顔がとても素敵な印象を残してくれた。

ジャックブラックの顔芸のファン、レンタル店好き、そして映画が好きでたまらないという人にはオススメの作品。