サウンド・オブ・ミュージックの作品情報・感想・評価

「サウンド・オブ・ミュージック」に投稿された感想・評価

2016年もとうとう終わり。
何か年末っぽい(?)大作で締めよう!と思い立ち、不朽の名作「Sound of Music」を!

中学の英語の教科書に本作が使われてて、当時はまだVHSが主流でしたが
これをBlu-rayの高画質で、しかも十何年ぶりに観るのは大変新鮮でした。

初っぱなの空撮の高揚感でもう鳥肌がびっしり。
名曲の数々で何度も心踊り、父子の和解で目頭が熱くなり、帝国主義の影にハラハラし、最後は感動の涙で多幸感に包まれる至高の三時間!

音楽はもちろん、演出もライティングも構図も、すべてにおいて一流の仕事を垣間見れます。

国境を無効化する大自然アルプスの絶景、人形劇の可愛さ、ザルツブルクの歴史ある美しい街並み、ロルフの行く末、
そしてオーストリアの愛国歌「エーデルワイス」に込められた思い。

そういえば今年の大河ドラマ「真田丸」で信繁たちが九度山を脱出する際に本作がオマージュされていましたね。
本作が世界に与えた感動と影響は計り知れません。

2016年も多くのユーザーさんのレビューに触発され、新しい発見や感動に出会うことが出来ました。
2017年も素晴らしい映画に出会えますように!
それでは良いお年をお迎えくださいませ。
坂元慧

坂元慧の感想・評価

3.9
エーデルワーイスエーデルワーイス
あーーーすき
あい

あいの感想・評価

3.7
素敵な作品。
もう大好きっ!!!!✨❣
こち

こちの感想・評価

4.0
なつかしい!
有名な曲も聞けて楽しい!
kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.4
「サウンド・オブ・ミュージック」
原題「The Sound of Music」
1965/6/19公開 アメリカ作品 2017-171
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1960年代以前ランキング25位 再鑑賞

ミュージカル映画と言えばコレ!
雄大なアルプスの景観や緑美しい木々とオーストリアの街、そして忘れがたき「エーデルワイス」や「ドレミの歌」など数々のナンバーで織り上げた名作ですね。
主人公マリアが7人兄弟と奮闘する序盤、トラップ大佐と恋に落ち結婚する中盤、そしてナチとの戦火を逃れるため子供たちを連れて国外へ脱出するまでの終盤と三時間の長尺を飽きさせもしない創りは天下一品!王道のミュージカルとしては最高峰ですよね!!

ロバート・ワイズ監督、ジュリー・アンドリュース主演のミュージカル映画。20世紀フォックス配給。リチャード・ロジャースとオスカー・ハマースタイン二世の名コンビが1959年11月にブロードウェイで初演したミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」を原作とするミュージカル映画で1965年に世界的に大ヒットした。第38回アカデミー賞で作品賞、監督賞(ロバート・ワイズ)、編集賞(ウィリアム・H・レイノルズ)、編曲賞(アーウィン・コスタル)、録音賞(ジェームズ・P・コーコランとフレッド・ハインズ)の5部門を獲得した。
>|