サウンド・オブ・ミュージックの作品情報・感想・評価

サウンド・オブ・ミュージック1964年製作の映画)

The Sound of Music

上映日:1965年06月19日

製作国:

上映時間:174分

4.0

あらすじ

「サウンド・オブ・ミュージック」に投稿された感想・評価

ありさ

ありさの感想・評価

3.4
わたしのお気に入りは名シーン
しろ

しろの感想・評価

5.0
2回目。やっぱり面白いなあ
fine

fineの感想・評価

4.6
1964年の技術であそこまで完成度の高い良作を生み出したことには驚かされる。ドレミの歌など有名な歌も多くあるので、知らない方はいないだろう。素晴らしい。ただこの一言に尽きる。
「庭にいるあのお方、私の勘では修道女にはならないわ」

オーストリア 1930年代 最後の黄金の日々。
奔放すぎる修道女見習いのマリアは、厳格すぎるトラップ大佐の子供たちの、家庭教師として邸へ向かう。

『国超えて歌う一家―トラップ家族合唱団の物語』『歌うトラップ一家』
The Story of the Trapp Family Singers(1949):Maria Augusta von Trapp
⇒『菩提樹』(1956)
⇒The Sound of Music(1959)

楽しい時や幸せな時にも涙が出ると、思い出させてくれる。
子供たちに合わせて歌いだす大佐、グッバイに大人たち全員でグッバイ。同じ曲が別のシーンで歌われたり、同じ場所で別の曲が歌われたり、小さなシーンも大きなエピソードも泣かせる。
子供たちは当然可愛いのだけど、ジュリー・アンドリュースも可愛く見えてしまうとは思わなかった。
エーデルワイス初め合唱の選曲もいい。
この作品のせいでは無いのだが、鬱ミュージカル映画を思い出させる曲があるのが少々辛い。
修道女たちグッジョブ。
sat

satの感想・評価

-
お母さん好きだったな
>|