Risa

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリーのRisaのレビュー・感想・評価

4.0
映像:⭐️⭐️
音楽:⭐️⭐️⭐️
ストーリー:⭐️⭐️⭐️⭐️
泣ける:⭐️⭐️
笑える:
怖い:
ためになる:⭐️⭐️⭐️

実在する医師、ハンター・キャンベル・アダムスの生涯を描いた映画。(wikiでも本人のページがちゃんとある!笑)

彼が常に意識していたのは病気を治すこと、ではなく、患者を治すこと。まさにパッチ(絆創膏)というあだ名がふさわしい。タイトルでパッチの方を採用してるの、イイネ!



大まかな流れ
↓↓↓

アダムス自殺未遂
→自らの意思で精神病院
→人を助けることで自分も救われた経験から医者になることを志す
→医学部で医学を学びつつ患者を癒す
→無料診療院開設




病院に行く時点で気持ち的にはマイナスなわけで、
でもそのマイナスをゼロにするだけでなく、さらにプラスにしてくれるお医者さんに出会えた時はとっても嬉しい。


パッチアダムス、全体としては素敵な映画だった。
ただカリンに関する部分をなぜあのように脚色したのか…そこだけ不完全燃焼。