ちょりそ

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリーのちょりそのレビュー・感想・評価

4.0
2011年09月10日


ロビン・ウィリアムズが、実在の医師に扮した感動ドラマ。“ユーモアによる治療が重要”という説を実践し、医学界の常識を覆した医学生パッチ・アダムスの半生を描く。人間味溢れるアダムス役をロビンが熱演。彼お得意のユーモアと温かな視点で、現代医学の問題点をさり気なく突く。自殺未遂の果て、自らの意志で精神科に入院したアダムス。彼はそこで目覚め、医学の道を志す。2年後、ヴァージニア大学の医学部に入学したアダムスは、規則に背いては患者をユーモアで楽しませていた。冷ややかな視線を向ける学部長や同僚を後目に、やがて彼は恋人カリンとともに、夢に見ていた無料治療院を開設するが・・・。


大好きなロビンウィリアムズ主演作で有名なのにまだ見たこと無かったから見たけど期待通り良かった
ロビンウィリアムズの愉快な役好き、日本の関根勤的な感じよね

エンディング前のクレジットで"パッチ医師に共鳴する1000人以くの医師が参加を申し出ている"ってあったけど絶対医者なら影響受けると思う。


BGMも良かったなぁと思って調べたら
「アダムス・ファミリー」、「天使にラブソングを」、「ヘアスプレー」の音楽担当のマーク・シャインって人だった
アラン・シルヴェストリの曲調に若干似てた