パッチ・アダムス トゥルー・ストーリーの作品情報・感想・評価・動画配信

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー1998年製作の映画)

Patch Adams

上映日:1999年03月20日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー」に投稿された感想・評価

人を治療すると言う意味をもう一度考えさせられる映画だった。最初はロビンウィリアムズ目的で観たけど、この作品も好きになってしまった。

人を笑顔にさせる喜びが伝わってきて
こちら側まで笑顔になってしまった

私個人感想ですが、この映画のマイナス点はゼロだと思います。感動するし笑えて考えさせられるこんな映画はないと思う

是非見て!!
Ryohei

Ryoheiの感想・評価

4.1
《こんなご時世だからこそ明るく笑いたい》

"パッチ"アダムスさんという実在するドクターをモデルにした作品。
彼の治療法はユーモアな視点から無償で患者を笑わせ明るく元気にすることだった。

作品化ということで多少脚色されている部分はあると思うけど感動した。
アダムスさんがきっかけで始まった
病院に赴いて患者を笑わせる活動を「ホスピタルクラウン」と言うみたいですね。
『JOKER』ではアーサーが仕事の一環としても任されていましたね。

東日本大震災の直後にもアダムスさんは来日して日本を元気付けてくれたそうです。

やっぱりロビンウィリアムズは白衣似合う笑
チロル

チロルの感想・評価

4.0
パッチ呼びめっちゃ気にいってるやん。
福祉関係を目指そうと思ったきっかけの映画
ヌードルのプール、赤い鼻。

「この指は何本に見える?」
今でもこれやる。

ひとりの男の輝かしい功績の話。
だけど物凄くモヤが残る。
なんで?って人生の不公平さを考える
Zukki

Zukkiの感想・評価

4.0
実話を元にしたこのお話はすきロビン・ウィリアムズの演技はすきだなー。
よしき

よしきの感想・評価

4.0

笑いで医療を変えようとした男の話。


笑ってる人は強い。
笑っていようと努めるその心が強い。


最後のお尻丸出し卒業式は
笑いながら泣きそうになった。


ロビン・ウィリアムズ。
彼自身ドラッグやアルコールで施設に入ったり、生涯たくさんの病気と戦いつづけた人。


この人の作品をもっともっと観たいと思った。
ぬ

ぬの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

全シーン良かった。
織り成される会話が良かった。音楽も良かった。今後、自分の人生に影響を与える映画だと思った。
しかし、カリンさんが殺されてしまってとてつもなく落ち込んだ。
>|