パッチ・アダムス トゥルー・ストーリーの作品情報・感想・評価・動画配信

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー1998年製作の映画)

Patch Adams

上映日:1999年03月20日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー」に投稿された感想・評価

恋人の…くだり辛くて脱力映画の五指に入る。
ラスト感動するけどそれ引きずってしまって泣く体力もなかった。
BossDog

BossDogの感想・評価

4.7
「死を遅らせるのではなく、質の高い生を与えるのだ。」

苦しんでいる人達を笑いでユーモアで救うことができると心の底から信じたパッチ・アダムスが周囲の反対、苦難を乗り越え自分の信念を曲げずに突き進む姿はとても美しいものだった。

彼のひたむきな姿・真っ直ぐな夢に周りも共鳴。こんなに人の心をつかみ動かし人を変えることができるのって天賦の才能なんだな。こういう人になりたい。どんな職であっても。
型にハマらないパッチのような存在は大切なんだと思う。

感動で泣けるし、ラストシーンしっかり爆笑できます!!最高!
医者の仕事は死を引き延ばすことじゃなくても生の質を高めることって言葉がすごい良かった お医者さんって尊いお仕事なんだな
あい

あいの感想・評価

3.6
費用のやりくりがわからん、、
あと学生時代は、もうちょい穏やかにいるべき笑
でも本当に良い人
M

Mの感想・評価

4.3
これはブラックジョークかアメリカンジョークで笑っていいのかって思う描写もあるけど素敵なストーリーだった
すぎ

すぎの感想・評価

4.0
良い映画だった〜!
夢を諦めない大切さを教えてくれる。
岩

岩の感想・評価

4.7
とても素敵なパッチ(絆創膏)😊

患者が医者にしてくれる
ユーモアあふれる人は魅力的だなぁ🎵
自分がどうかじゃなくて人間としてどうあるべきかで動く主人公達の行動には胸が熱くなった。とてもこんな生き方はできないけどせめてそうあるべきだと思う心だけは忘れずにいたい
cosicosi

cosicosiの感想・評価

4.4
実在の医師パッチ・アダムス(今75歳)
をモデルにした作品。

ホスピタルクラウン(診療道化師)を
始めた人だから、医者になってから
赤い鼻をつけて患者を笑わせる活動を
しているのかと思っていましたが、
医学生時代から慈善活動をしていて、
想像以上にブッ飛んだ方でした。

日本では勉強が出来るから医学部へ
行く学生が多く、頭でっかちな医師が
量産されている気がします・・・

時には悪趣味としか思えない
彼の規格外ユーモアセンスは、
日本では理解されないかもしれないけど、
心を病む人が増えている現代、
彼のように、病気じゃなく人間を診る
愛のある医者は必要だと思います。

医大でのルームメイトが、あの
フィリップ・シーモア・ホフマン。
今となってはユニークな名優二人を
偲ぶ作品になってしまいましたね。
>|