「レイチェルの結婚」に投稿された感想・レビュー

のび
のびの感想・レビュー
2016/11/06
3.8
一見、穏やかで幸福そうな家族でも深い傷が存在し、その傷がことあるたびに家族にぴりぴりとした緊張を走らせ、場合によっては大きく衝突させる。『レイチェルの結婚』は、家族の間に存在する大きな傷と、その傷を抱えた家族の姿を描く。


傷は簡単に修復されるわけでもないし、ましてや消え去るものでもない。その傷跡はどれほどの時間が経過しようとも、場合によっては何年何十年も、傷口がぱっくりと開いた血が流れる生々しい痛みをもたらすものかもしれない。でも、人間はその傷跡を抱えて生きていかなければならないし、その傷跡から逃れることもできない。


けれども、人間は傷にとらわれたままでいるわけにはいかない。過去の傷は傷として抱えながらも、幸せでより良い人生を選び取って歩きはじめることも可能だ。この物語は、そういったことを示していると言えるだろう。
しょじー
しょじーの感想・レビュー
4時間
3.0
アン・ハサウェイが観たくて。

途中までとにかく重い、暗い。
アン・ハサウェイ演じるキムにイライラするし、レイチェルとか父親とかギスギス感がたまらない、、

カメラのせいなのか舞台が動かないせいなのか時間の経過が遅いせいか閉塞感を感じる。

でも、後半はいい。
結婚式のシーンは、自分の結婚式を思い出す。さすがにこんな結婚式ではなかったが。結婚式翌日のあの雰囲気はいいね。

アン・ハサウェイにはイライラさせられたが、彼女の演技の違う一面を観られた。
beabea
beabeaの感想・レビュー
3日
-
結婚式前夜の食事会での一人一人のスピーチがよかった。
お皿しまう速さを競うやつ、、茶番劇だった。笑笑
いろんな感情が動く作品。結構見終わったあと疲れがくる。
RM
RMの感想・レビュー
3日
3.0
精神的に余裕がある時に見るべし
アサヒ
アサヒの感想・レビュー
3日
3.4
途中で飽きた。
でもカメラワークやキムの感情がすごく魅了的だった。
紫色部
紫色部の感想・レビュー
3日
4.0
2017.3.21 CS

「家族」というその場に現前しているはずの見えないつながりと、振り子理論のような二律背反の愛憎関係とを、カサヴェテス的な演出の施されたホームビデオ風味によって描きつつ、一人の認識対象と一人の観察者との真なる自立と巣立ちへの一ステップにまで迫る傑作。キムを見送った後でレイチェルのとる行動と反応がまた…
点心
点心の感想・レビュー
3日
3.5
たくさんのお皿の中に一枚、生まれるなら「男の子がいいな」、何気ない会話の中に、生活の中にひっそりとたたずむ影。その影に気づかせてしまう存在がキム。キムはドラッグのリハビリ施設から出てくる。姉レイチェルの結婚式に出るために。

悲しみもつらさも被害者も加害者も、全部家族の中にあるからずーっとループしてる。

挿入される音楽はなく、カメラも手持ちで、家族の中にいるみたいな気まずさと緊張感。

アン・ハサウェイは美人なのに、この映画だと目がぎょろっとしたガリガリのヤク中で不安定で、ぜんぜんきれいに見えないのがすごい。スピーチの空回りとか、良かれと思ってすることがぜーーんぶ裏目に出る。

おめでたい席だから〜って取り繕おうとする周りとぶつかるのも。

食洗機対決はくだらなくていい。日常のひとコマにイーサンのお皿が…ってシーン。その前夜も新郎にパパが「皿は俺がやるから」って皿洗いしてるんだよねえ。男性が家事能力対決するシーン日本映画でも見たい。見られるときは日本男性にとって家事は「日常のひとコマ」になるときだから。
映画で旅をする
映画で旅をするの感想・レビュー
5日
3.4
とにかく喧嘩、喧嘩、喧嘩の姉妹。
見てるこっちがうんざりするくらいに。
全体的にホームビデオを見ているような気分になります。
martroniks
martroniksの感想・レビュー
5日
2.7
数年ぶりの再鑑賞。
前回の鑑賞後はあまり良い印象が無く、今回も全体に違和感があったけど、その原因は手持ちカメラ(?)撮影によるブレやズームにあるのかなと思った。
あと妊娠を告白するシーンや美容室のシーンの展開にやや不満。
逆に良かったのは、クソしょーもない食洗機バトルのシーン(オチも含めて)と、パーティでバトゥカーダの演奏で皆で踊るシーンの雰囲気がすごく良かった。あとシドニーの妹役の女優さん(?)がめちゃめちゃかわいい!
ストーリー的には家族の不和や微妙な関係を描いていて嫌いではないけど、あまり共感は出来なかった。
>|