Ryoko

後悔なんてしないのRyokoのレビュー・感想・評価

後悔なんてしない(2006年製作の映画)
3.3
白パンツ一丁の男2人が川辺で寛いでいるシーンからスタート。やばい、これは面白半分で見てはいけないやつだと予感させる。一方で年の瀬の昼間にわたしは一体何を見ているのだろうと、恥ずかしさと後ろめたさが込み上げる。
ジャケから一目瞭然ですが、ゲイ映画です。見ていることを晒すのが恥ずかしいけど、普通に引き込まれて最後まで見ちゃいました。しかも両方イケメンという。ちなみに腐女子ではありませんよ。
若い身分違いの二人のラブストーリーでした。愛が行き過ぎて憎しみへ。後半は予想通りドロドロへ。絡みのシーンもなかなかの激しさで俳優さんたちよくやるなーと感心しちゃいました。大都会ソウルの片隅で孤独を抱えながら必死に生きる若者たちの青春映画でもありました。