アップル

ナバロンの要塞のアップルのレビュー・感想・評価

ナバロンの要塞(1961年製作の映画)
3.7
第2次世界大戦中にドイツ軍がエーゲ海のナバロン島に巨大な大砲を据えてしまいました。困った連合軍がその大砲を爆破させるために精鋭チームを密かに島に上陸させるお話。荒れ狂う海の波や断崖絶壁をロッククライミングする場面はこの時代のパニックシーンにしてはよく出来ているなと思いました。ヒロインかと思いきやそうではないと判明した場面はちょっとショックでした。任務遂行なのは仕方ないにしてもドライ過ぎます!各種分野のスペシャリストを集めた戦争冒険活劇と言われればそうなのでしょうが見終わった後は戦争の虚しさが心に残ります。